余ったパプリカで作ってもOK!簡単美味しい、パプリカのポン酢マリネのレシピ・作り方

赤や黄色と色鮮やかで料理の彩りに便利なパプリカ。でも、彩りの目的で買うと、あとで中途半端に残って困ってしまうことがありませんか。そこで今回は残ってしまったパプリカをちゃんと食べきれるマリネのレシピをご紹介します。ポン酢を使った和風のマリネで、お酒のつまみや付け合わせ、お弁当のおかずにもぴったりの一品です。

  • 2643
  • 50
  • 0
  • いいね
  • クリップ

彩りに使ったパプリカ、余ることありませんか?

料理の彩りにほしくなるパプリカ。でも、ちょっとだけ残ったときの使い道の困ったことありませんか?

赤や黄、オレンジなど色鮮やかで、料理に加えるとパッと華やかになるパプリカ。でも、サラダの彩りなどに使ったあと、中途半端に余ってしまって、困ることがありませんか。

そこで今回ご紹介したいのは、余ったパプリカで作れる簡単レシピ・パプリカのポン酢マリネです。作りおきできて、冷蔵庫に入れておけば、4~5日保存可能。お弁当のおかずにも使えます。特別な調味料も使わないので、パプリカさえあれば、すぐに作れます。

パプリカは生のままでも、加熱しても美味しい便利な野菜。ビタミンAやビタミンCといった栄養も豊富。余らせたまま捨ててしまうなんてモッタイナイ。最後までしっかりと食べきってくださいね。

和洋折衷の美味しい一品、パプリカのポン酢マリネのレシピ・作り方

作りおきできる和風マリネ。パプリカさえあれば、あとは家によくある材料で作ることができます。

【材料(3~4人分)】
パプリカ(赤・黄) 各1/2個
ニンニク 1片
オリーブオイル 大さじ2
ポン酢 大さじ3

もっと少量のパプリカでも作れます。にんにくは市販のチューブタイプでもOK。

パプリカを細切りにします。ニンニクはみじん切りにします。

にんにくが香りたつまで炒めます。オリーブオイルは多めが美味しい。

フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて、火にかけ、香りが立つまで炒めます。

柔らかめが好きなら、しっかりと。シャキッと感があった方がよければ、軽く。好みの柔らかさまで炒めてください。

ニンニクの香りが立ったら、パプリカを入れて、炒めます。パプリカがしんなりと柔らかくなったら、器にとります。

ポン酢に漬け込んだら、できあがり。

ポン酢をかけて、30分以上置いたら、できあがり。一晩以上置くと、味がよく染みて、美味しいです。

彩り鮮やかなパプリカ料理は、さまざまなシーンに使えます。

パプリカは加熱すると、甘みと柔らかさが増します。そこにさっぱりとしたポン酢が染みて、あと引く美味しさ。ニンニクの風味も食欲をそそります。

お酒のおつまみにもいいですし、ハンバーグなどの肉料理の付け合わせにもおすすめ。お弁当に入れると、彩りになります。多めに作って、冷蔵庫に入れておくと、便利です。

パプリカだけでは量が少ないというときは、他の野菜を一緒にマリネするとかさ増しになります。例えばしめじやナス、ズッキーニ、オクラなどは相性がよいです。ぜひ好みの味と組み合わせを見つけてみてくださいね。

  • 2643
  • 50
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

■暮らしスタイリスト/一人暮らしアドバイザー/料理家自らの一人暮らし体験を元に取材や研究を重ね、2001年からWebを中心に各種メディアで暮らしに関する情報を発…

おすすめのアイデア

話題のキーワード