保険

保険に関するアイデアをまとめ! 火災保険や地震保険、医療保険など、さまざまな種類の保険について詳しくまとめています。かしこく貯金するための保険見直しのポイントや、知って得する保険への加入方法など、家計を助けるアイデアが満載! ぜひ参考にしてみてくださいね♪

  1. 記名被保険者の変更で安くなる!自動車保険の保険料

    車を購入すると必ず契約する自動車保険。最近はネットで申し込みをするダイレクト系の自動車保険が増えてきていますが、その場合は必要項目を自分で入力しなければなりません。そんなとき、「契約者名を入力してください」「車の所有者を入力してください」などと要求されます。これらは簡単ですが、「記名被保険者を入力してください」はどうでしょう? WEB申し込みサイトのQ&Aにはよく「契約者名と同じで大丈夫です」と書いてありますが、記名被保険者を誰にするかはとても重要な問題です。なぜなら、記名被保険者が誰かによって保険料が高くなったり、安くなったりするからです。そこで今回は、契約者・所有者・記名被保険者の関係から保険料を安くするためには誰を記名被保険者にするべきかまで、詳しく説明していきます。自動車保険の保険料を安くするアイデア満載です。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 26653
    • 17
  2. 【専門家監修】火災保険の新築での選び方と節約のポイント。新たに住宅を購入する人は要チェック!

    家を建てるときには加入がマストともいえる火災保険。しかし、いろいろありすぎてよくわからないと感じている方も多いのではないでしょうか。新築するにあたって、初めて火災保険を選ぶという方もいるかもしれません。そこで今回は、新築の火災保険の相場から選び方、節約のポイントまでを伝授します。これを読めば、もう火災保険選びに迷うことはなくなるはずです。

    LIMIA 住まい部
    • 46633
    • 22
  3. 地震保険の県民共済は損保とどこが違う?メリットとデメリットとは

    地震保険は、地震の被害を受けたときにあなたの生活を助けてくれるものですが、損害保険会社からではなく、県民共済からも加入できることをご存知ですか? 損害保険会社と県民共済とでは、補償内容や保険料などに大きな違いがありますので、よく比較して加入する商品を決めた方が良いでしょう。県民共済の地震保険に加入するメリットやデメリットについてご紹介します。地震保険への加入を検討されるときに、ぜひ参考にしてください。

    LIMIA 住まい部
    • 48879
    • 4
  4. 【専門家監修】火災保険に対する質権設定とは?質権設定のメリット・デメリット、最近の動向

    住宅ローンを借りて物件を購入した場合は、火災保険への加入が必須になっています。中には、その火災保険に質権を設定するのが条件になることもあります。質権とはどのような権利で、質権設定とは誰にメリットがある制度なのでしょうか。近年、質権設定は減少傾向にあり、質権設定されない方が一般的になっています。質権設定によるメリット・デメリット、質権設定が減少した背景について解説していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 52194
    • 14
  5. 【専門家監修】火災保険を名義変更するには?名義変更が必要なケースや名義変更の注意点

    あなたの大切な住宅は火災保険に加入することで万が一の際に補償を受けることができますが、結婚や相続など重要な出来事の際には、その契約者を変更する手続きが発生します。ときに必要な名義変更手続き。その際、どのように手続きすれば良いのでしょうか。名義変更の注意点も踏まえながら詳しく解説していきます。名義変更が発生したときに参考にしてください。

    LIMIA 住まい部
    • 56211
    • 8
  6. 【専門家監修】火災保険と県民共済はどっちがお得?県民共済の新型火災共済について解説

    県民共済のチラシや広告を見て、取り扱っている生命共済の掛け金の安さに驚く方は多いでしょう。実は、県民共済は生命共済だけでなく、民間の火災保険と同じような商品があるのをご存知ですか? 県民共済でも火災保険と同じように補償してくれるのですが、その存在はあまり知られていないかも。そこで今回は、県民共済の提供する新型火災共済がどういうものか、他の火災保険とどう違うのかについて解説していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 118232
    • 47
  7. 【専門家監修】火災保険の保険金が支払われるのはいつ?火災保険の支払いまでの流れを解説

    あなたは火災保険に加入したことがありますか? マイホームを購入したり、マンションやアパートを借りたりしたことのある方なら、火災保険に加入されていることでしょう。では、火災保険の支払いがいつかご存知でしょうか。おそらく火災保険に加入していても、火災保険の請求の手続きを詳しく知らない人は多いはずです。とはいえ、実際に火災保険の対象となる被害を受けた場合、火災保険の保険金の支払いがいつかわからないと不安でしょう。そこで今回は、火災保険の保険金の支払い額や請求手続き、保険金がいつ支払われるのかについて解説します。

    LIMIA 住まい部
    • 84849
    • 13
  8. 【専門家監修】地震保険料のカギは耐震等級。保険加入前のチェックは忘れずに!

    地震が起きても倒壊しにくい条件がそろっている建物の保険料は安く、地震が起きると倒壊しやすい条件を抱える建物の保険料は高くするのが地震保険の仕組みです。そのひとつが、建物の「耐震等級」に応じて保険料を変化させる「耐震等級割引」です。建物の耐震性を高めることは、地震保険の加入条件という側面だけでなく、自宅で安心して生活できるかという問題にも影響してきます。建物の耐震性と、万が一の場合の補償について考えてみましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 7475
    • 6
  9. 【専門家監修】地震保険に積立型はある?掛け捨て型と積立型の保険はどう違う?

    保険には、積立型と掛け捨て型という、2つのタイプがあります。では、地震保険には積立型のものはあるのでしょうか? 積立型と掛け捨て型の違い、それぞれのメリットやデメリットを踏まえたうえで、地震保険を選ぶときの注意点や必要な損害保険を選ぶために必要な知識について確認しましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 18004
    • 6
  10. 【専門家監修】火災保険で「雨漏り修理」ができる!知っておきたい情報が満載

    「火災保険」といえば、保険の対象となっている建物で火災が発生した場合に補償されるもの、といった印象の方が多いと思います。しかし、「雨漏り」も保険適用内ということを知っていますか? もしものためにも、本記事を参考に予備知識を備えておきましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 5146
    • 15
  11. 地震保険の控除について。一時払いの契約で支払い分は控除されるの?

    東日本大震災から、地震に対する不安はより身近なものになりました。その影響で、地震保険の加入率や付帯率は、以前より増えています。特に大地震のリスクが高い地域は、地震保険に加入している人の割合も高いです。ただ、地震保険料はリスクが高い都道府県ほど高く設定されているので、家計の負担が大きくなってしまいます。その負担を少しでも軽減をできるよう、地震保険は支払った保険料に応じて控除を受けられます。地震保険料控除はその年に支払った保険料が対象ですが、5年契約などの一時払いなどはどうなるのでしょうか?今回は、地震保険料控除についての基礎知識と一時払いに関する注意点についてご紹介していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 15006
    • 9
  12. 【専門家監修】火災保険の延焼被害での対応は?被害を受けた場合、火元の場合を解説!

    火災保険は、火災をはじめとするさまざまな被害により住居などが損害を受けた場合に補償してもらえる保険です。火災により自宅に損害を被った場合に補償されるのはもちろんですが、近隣の火災により延焼被害を受けた場合や、自宅が火元となり隣家に延焼してしまった場合にはどんな補償が受けられるのでしょうか。火災保険の延焼被害への対応は、自宅が加害者となった場合だけではなく、被害者となった場合にも気になるものです。

    LIMIA 住まい部
    • 8624
    • 2
  13. 地震保険に加入していて年末調整で控除を受ける方法。基礎から覚えておこう!

    地震や火災に備えて地震保険に加入する人は増えていますが、加入するためには当然、保険料を払う必要があります。地震のリスクが高い地域に住んでいる方や、家の構造区分によっては、高い保険料を支払っている方もいるでしょう。生命保険では、加入すると年末調整をすることで所得控除を受けられます。そうなると、火災保険や地震保険も年末調整をすれば所得控除を受けらるのではないか? と思う方もいるでしょう。控除を受けられるのであれば生命保険などと同様に負担を減らせるので、受けたいものです。今回は、地震保険は年末調整をすることで、所得控除を受けられるのかということをご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 7568
    • 17
  14. 地震保険特約による補償の上乗せをもう一度検討する必要があるのはなぜ?

    東日本大震災から数年が経ちました。津波による多大な被害をもたらした大震災をきっかけに、地震に高い関心をもつ人は増えたのではないでしょうか。地震保険の補償額は、火災保険にかけた保険金に対して50%が限度です。ですが、さらに補償を上乗せできる特約補償が存在するのをご存知ですか? 今回は地震保険特約のしくみや保険料についてご紹介していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 24806
    • 6
  15. 地震保険と旧長期損害保険の関係とは?地震保険料控除は受けられる?

    地震保険がメジャーになる前から、長期の損害保険、いわゆる「旧長期損害保険」に加入していた方もいらっしゃると思います。以前は損害保険料控除の対象でしたが、平成18年の税制改正により、平成19年度から控除の対象外となってしまいました。ですが、一定の条件をクリアしている旧長期損害保険に対しては、地震保険料控除の特例を受けることが可能です。旧長期損害保険と地震保険の関係や、旧長期損害保険料控除の方法について解説していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 82900
    • 7
  16. 【専門家監修】地震保険の契約期間について!地震保険だけ解約することはできる?

    もしも地震の被害に遭ったときに、あなたの生活をサポートしてくれる地震保険。これから物件を購入したり借りたりする方は、火災保険と一緒に地震保険への加入も検討しているかもしれません。火災保険のオプションとして加入できる地震保険ですが、その契約期間はどれくらいでしょうか?また、火災保険だけ、もしくは地震保険だけを解約することは可能なのでしょうか? 火災保険と地震保険の関係や、契約期間について解説していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 19725
    • 5
  17. 【専門家監修】火災保険に加入するとき必要な書類とは?何から準備したらいい?気になるノウハウを解決!

    マイホームを手に入れる際や、賃貸を借りるときに「火災保険」に加入することはとても大切です。しかし、火災保険の契約が初めての場合、必要書類とは? どんな流れで契約するの? と不安に感じる方もいるかと思います。本記事では、火災保険の気になるノウハウを詳しく解説! 記事を参考に、火災保険についての不安を解消してくださいね。

    LIMIA 住まい部
    • 27882
    • 14
  18. 医療保険と生命保険はどっちに入る?それとも両方入る?

    保険について「入りたいけれど内容がよくわからない」「医療保険と生命保険、どっちがいいのかわからない」と思っている人は多いでしょう。加入したくてパンフレットを取り寄せてみたけれどもよく理解できず、結局そのまま入らなかったという話もよく聞きます。 そこで、今後保険加入を考えている人のために、代表的な保険商品「医療保険」と「生命保険」について解説します。「どっちに入った方がいい?」「医療保険と生命保険どちらも必要なの?」と気になっている人は必読です。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 17923
    • 18
  19. 地震保険は賃貸物件にも必要?加入するなら家財保険!その理由とは

    進学や就職、転勤などで新しく賃貸マンションや賃貸アパートなどを借りる際、火災保険には必ず加入すると思います。ですが火災保険は、地震や噴火などの災害による火災は補償の対象外であることをご存知でしょうか?大地震などに遭った際に助けになるのは、地震保険です。賃貸物件に住む場合も地震保険は必要なのでしょうか?また家財保険というものもありますが、どういった保険なのでしょうか?賃貸物件に居住する際、地震保険に加入する方法やポイントについて解説していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 39177
    • 9
  20. 【専門家監修】火災保険に水災補償はつけるべき?補償内容と判断ポイントを徹底解説!

    水災補償は、火災保険につけられる特約のひとつです。特約は、つけるかつけないかで保険料が大きく変わるので、水災補償をつけるかどうか頭を悩ませている方も少なくないのではないでしょうか。今回はそんな水災補償について、詳しい補償内容から、必要かどうかを判断するポイントまで、じっくり解説していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 55917
    • 21

おすすめのアイデア

32件中 1 - 20 件を表示