マシュマロで簡単!ハロウィンデコレーション

子供も大好き!マシュマロを溶かして作る、ハロウィンにぴったりのかわいい飾り菓子です。

  • 5995
  • 46
  • 1
  • いいね
  • クリップ

市販のマシュマロを溶かしてクラフトのように楽しめる、
マシュマロフォンダントの紹介です。
本格的なシュガーデコレーションのような細工もできるんですよ。

以前は、「シュガーペースト」を使ったものを紹介しましたが、
今回は違います!

近くのスーパーでも売っている、簡単に手に入る材料「マシュマロ」を使って、
作りたいと思います。

「マシュマロフォンダント」という名前で、お菓子作りの好きな方の間ではすでに広まっています。

材料

マシュマロ 数個(計量して 10グラム)
水 小さじ1/2(2.5cc)
粉砂糖 40グラム
黒ごま
飾りに アラザンやスプリンクル

・つまようじ(焼きパスタでもOK)

※ 分量外:柔らかさの調整用・作業用の粉砂糖 少々

着色:ブラックココアや自然素材のオレンジ色素
または食用色素 (フードカラー黒・オレンジ)

作り方

材料の欄に書きました通り、マシュマロを計量しますが、その大きさによって重さが違います。

写真のマシュマロは、大きくもなく小さくもない、中くらいのマシュマロで、
3個でちょうど10グラムでしたので、そのまま進めます。

重さが違っていた場合は、カットしたり、足したりしてくださいね。

粉砂糖も40グラム図りますが、
柔さの調整に、この40グラム以外にも、小皿に出しておいてください。
柔らかさの調整や、作業時に使います。

耐熱容器に入れたマシュマロに、水を小さじ1/2、満遍なく振りかけます。

ラップをして、電子レンジで加熱します。
500wで30秒が目安です。

電子レンジから出す時や、ラップを剥がす時は、熱いのでご注意ください!

溶けたマシュマロを、なめらかになるまで、
ゴムベラでよく混ぜます。

かたまりが残っているようであれば、潰すようにしてよく混ぜます。

そこへ粉砂糖を2回に分けて加えます。

ヘラでよく混ぜてゆきます。

だんだん硬くなってきますので、混ぜにくいのですが、頑張ってください!

見た目このくらいになれば、手でこねたほうが進めやすくなります。

もし、べとつく場合は水分が多いということなので、粉砂糖を少し加えます。
また、カサカサする場合は、水分が少ないということなので、手に少し水をつけてこねると良いでしょう。

ひとつまみ指先で取って、
小さな粒を指先で楽に丸められる硬さになれば、OKです。

手でひとまとめにしたら、ラップでくるみ、
できるだけその日のうちに使いましょう。

冷凍することもできますが、一度硬くなると
柔らかく戻すためにこねるのがちょっと大変です。

3つに分けて、黒とオレンジに着色し、練りこみます。
白はそのままです。

色の濃さは、混ぜる素材によって異なるので、
ブラックココアなどは、最初に少しずつ(小さじ1/4程度)加えて、様子を見て、
お好みで調整してください。

斑らがなり、全体が1色になるまで、よく混ぜて練り、
ラップで包んでおきます。

黒は、ラップの間に挟んで平らに伸ばし、
こうもりの型抜きでたくさん抜きます。

粒のスプリンクルを埋め込むと、こうもりの目になります。

そのままでもお菓子に飾れますが、裏側につまようじをつけて(残った生地で貼り付けて)、
カップケーキなどに使える、ピックにしました。

白生地は16等分ぐらいにします(目安です)。

口に穴を開け、目にゴマを埋め込みます。

かわいいお化けの出来上がり。

1時間以上、自然乾燥!

オレンジ色も16等分にします(目安です)。

丸めてつぶして、かぼちゃのおばけ(ジャックオーランタン)を作ります。

プラスチックのスプーンやカットしたストローなどを使って、
スジや模様をつけます。

黒ごまやスプリンクルを埋め込んで飾りにします。

こちらも1時間以上自然乾燥して出来上がりです。

できれば、裏返しにして、裏もしっかり乾かすと良いでしょう。

完成です。ケーキやマフィンなどに飾って楽しんでください。

  • 5995
  • 46
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

メロンパンdeコッタや可愛いどうぶつクッキーなどお子様の喜ぶおやつを提案。elly.hana(作家名:花田えりこ)親子パン教室わくわくクラフトクッキング主宰。カ…

ellyhanaさんの他のアイデア

食品・レシピのデイリーランキング

おすすめのアイデア