基本のマジパン作り エディブルピック❣️

食べちゃうピック! 夏休みのお子様のひんやりデザートに添えたり、焼き菓子に飾れるデコレーションパーツ。マジパン生地なので粘土細工のように小さなお子様でも楽しめます。パスタをつければ丸ごと食べられらるピックになり、スイーツやサンドイッチなどに刺すこともできますよ。

  • 10176
  • 82
  • 0
  • いいね
  • クリップ

浮き輪風クッキーにのせても可愛いです。

マジパン細工をご紹介します。

材料

アーモンドプードル 15g
粉砂糖 40g
卵白 小さじ1
(軽く溶きほぐしたもの)

■着色用に、
自然素材の着色料や、アイシングクッキーなどで使うウィルトンカラーなど

■飾り用に、黒ごま

■作業用に、お水を少し

■ピックように、パスタ

ボールに、卵白、アーモンドプードル、粉砂糖を入れ、
ヘラでよく混ぜます。

次第にまとまってくるのでヘラから手に変え、手でまとめていきます。

まとめてみて、もしべとつくよう場合は粉糖を少量、
パサつくなら場合は水を少量 足して調整してください。

足す時は、ごくわずかな量で。

6分割しました。

お好みのカラーを用意します。

自然由来の着色料:紅麹、スピルリナ、クチナシ、ココア など。
ウィルトンカラー:赤、黄、青、緑など。

爪楊枝の先にほんの少し色付けします。
少量で充分着色できます。
かなり色が濃くなることもあるのでご注意ください。

ラップやビニールを利用して色を混ぜていきます。

6色用意しました。
表面が乾かないようにぞれぞれをラップで包みます。

赤色のマジパン生地をひとつまみ指先にとって、
半円の形を作ります。

緑の生地で皮部分を作ります。

水を接着剤代わりにして、赤と緑の生地をつけ、指先で抑えてしっかり馴染ませます。

水をつけながらゴマを軽く押し込みます。
スイカの種がわりになります。

お花型で黄色のマジパン生地を抜き、
茶色でひまわりの中心部分を作ります。
緑で葉を。

プラスチックスプーンなどで中心部に線をつけ、
ひまわりらしく形を整えます。

青で、小さい魚を作ります。
同じく目にはゴマを。
接着には水を。

白のマジパン生地では、星型でヒトデを作りました。

指先で丸めて、筋をつけ、こんな貝殻も作ってみました。

夏らしいパーツが色々完成です。

焼きパスタを準備します。
パスタをトースター(弱設定)で3〜4分焼き、こんがり焼き色をつけます。

左→焼く前、右→焼いた後 です。

パーツが柔かいうちにパスタをさしましょう。
あとは自然乾燥で数時間!

食べならもちろんお早めが良いですが、
湿気の少ないところで完全に乾かせばしばらく飾ることも可能です。

焼きパスタは、長時間食べ物にさしておくと、ふやけて柔らかくなってきます。
夏場のお弁当に入れるとマジパンが溶ける可能性もあります。
ご注意ください。

instagramでもお待ちしています。
(ハロウィンのエディブルピック)

  • 10176
  • 82
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

アーティスト・職人

メロンパンdeコッタや可愛いどうぶつクッキーなどお子様の喜ぶおやつを提案。elly.hana(作家名:花田えりこ)親子パン教室わくわくクラフトクッキング主宰。カ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード