ど迫力!豚バラロールの煮豚チャーシューの作り方

ラーメン屋さんで見かける
豚バラ肉がロールになった
迫力のある煮豚チャーシュー。
お家で簡単に作りましょう。

出来立て食べると
ジューシーで
肉肉しくって
飛び上がるほど美味しいですよ!

  • 19431
  • 156
  • 1
  • クリップ

こんにちは!
mikaです。
毎日食べるごはん
少しでもラクしながら
より美味しく作るため
日々色々試してます。

今日はね
本能に従いましょう。

バラ肉の煮豚、
ジューシーに❤︎
ホロホロじゃなくて
ジューシーに
肉肉しく❤︎

バラ!バラ!豚バラ!

興奮しちゃってゴメンなさい(笑)

豚のバラって堪りません❤︎
脂身と赤身のハーモニー❤︎
大好きな玉木宏様の声より好き❤︎
↑知りたくないし(笑)

豚バラの美味しさって2種類あると。

ひとつは
長時間煮ることで
コラーゲンが分解して
箸でほぐせるくらい
ホロホロになった美味しさ。

もうひとつは
微妙な火加減コントロールで
肉のうまさ残したジューシーな美味しさ。

どっちも美味しい!

今回は後者で行きます!

作っていきます

はい。
豚バラです。
1kg強。

肉が欠けてますが
豚汁に流用しました。
お気になさらずに(*´艸`)

ジューシーにしたいのと
見た目をワオ!にしたかったので
丸めてタコ糸で縛ってやります。

タコ糸なかったら
そのまま鍋に入る大きさに切って下さいね。

あ、
お鍋はできるだけ厚手のものを。

肉を焼きましょう。
脂身にちょっと焦げ目がつく位
たまに転がして全面に。

いい色がついたら
火を弱めて
ひと息ついてから

酒100ml
醤油100ml
砂糖大さじ3〜4
ねぎと生姜スライス適当に

火を弱めてひと息つかないと
調味料入れた時に
ものすごい勢いで沸騰して
びっくりします←やらかしました。

調味料を入れたら
ふつふつ軽く沸騰する火加減で
蓋をしっかり閉めて
15分前後
たまに肉を転がしてあげてね。

15分経ったら
火加減変えます。
ごくごく弱火に
もし保温機能があれば
保温にして
1時間

ここ、ジューシーに仕上げるポイント!

優しく優しく
中までゆっくり火を入れていくことで
肉が固くならないでジューシーに❤︎

前の豚のローストの作り方で
ウンチクたれた
肉の中の温度を
ジューシーになる温度に保つルール
このルールを守るため、
ごくごく弱い火で
ジワジワ内部を攻めていきましょう!

1時間待った?
そしたら、、、

はい!
出来上がり!
といきたいとこですが
ここはぐっと我慢、
ベンチタイムをおきましょう。

すぐに切ると
せっかくジューシーに仕上げた肉汁か
プシューっと噴き出します。

鍋から出して
しばらく休ませて
粗熱が取れたら、、、

はい!
出来上がり!
お待たせ!

ほら
断面に萌えちゃうくらい
しっとりジューシー❤︎
このまま厚切りにして
かぶりつきたい❤︎

煮汁はそのまま
煮豚のタレとして使えます。
ごはんにかけても美味しんだよな〜

これ
ラーメンにのせて出したら
どこかの有名店かと思われちゃいますよ笑

さてと
このチャーシューのために
本能のおもむくまま
ビールでも仕入れに行こっかな!

チャオ!

  • 19431
  • 156
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード