お鍋の季節到来!もつ鍋スープの作り方《しょうゆ味》

もつ鍋のスープ、買わなくても定番調味料で簡単に作ることができます。

  • 12465
  • 851
  • いいね
  • クリップ

日中はまだ気温が高い日もありますが、朝晩は冷え込むようになりました。
寒くなると食べたくなるものと言えば、お鍋ですね!

お鍋と言っても色々な種類のものがありますが、我が家で人気が高いのは断然もつ鍋です。
ぷりっとしたホルモンと、たっぷりの野菜の栄養と旨味が溶け込んだスープの美味しさがたまりません。

今回はにんにくが効いている、しょうゆ味のスープの作り方をご紹介します。
スープは、一見しょうゆの量が多めに感じられるかもしれませんが、野菜の量もその分たっぷりめです。
調味料の配合は、具材に合わせて、お好みで調整してください。

材料

4~5人分

☆具
 生もつ 400~500g
 キャベツ 3/4玉
 もやし 2袋
 にら 3束
 にんにく 1~2かけ
 赤唐辛子の輪切り(乾燥)1つまみ
 白ごま 適量
 ちゃんぽん (〆用) 2人前

☆スープ
 お湯(かつお+昆布のだしor野菜だしでも美味) 4カップ
 鶏がらスープの素(粉末) 大さじ1~1.5
 しょうゆ 1/2カップ
 みりん 1/5カップ
 おろしにんにく(チューブタイプ) 5~10cm
 おろししょうが(チューブタイプ) 5cm

作り方

①鍋にスープの材料を入れてよく混ぜる

②ざく切りにしたキャベツを入れ、その上に、軽く洗って水けをきったもやし・スライスしたにんにく・もつ(臭みや油分が気になる場合はさっと下茹でする)の順に乗せたら蓋をし、火にかける

●もつ以外=野菜は最初から全部詰め込む必要はなく、鍋の大きさに合わせてバランスを見ながら入れていく

③もつに火が通ったら、にら・赤唐辛子・白ごまを加えて蓋をし、にらに火が通ったら出来上がり

●野菜は様子を見ながら追加して煮込みながら食べる

④〆でちゃんぽんを煮込んで食べる

定番の調味料で作れます

今回のスープの材料に、珍しい調味料は使用していませんし、むしろ常備しているものばかりだというご家庭も多いのではないでしょうか。
スープに使用するにんにくは、チューブタイプのおろしにんにくを使えば量の調整が簡単で便利ですが、もちろん生をすりおろしても構いませんし、においが気になる方は減らしてもOK。

「もつ鍋はよく食べるけれど、スープはこれまで買っていた」という方も、この冬は手作りされてみてはいかがでしょうか。

  • 12465
  • 851
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

お菓子の型が大好きで、現在所有している数は750個。父と経営する熊本の自家焙煎珈琲専門店にて、焼き菓子作りほか担当。自宅でもほぼ毎日お菓子・パンを作り、ブログに…

おすすめのアイデア

話題のキーワード