節約神食材の厚揚げで作る☆1人分107円カサ増し照り焼きチキン

厚揚げは、水切り不要でお値段も安くて、節約料理にとても使える食材です。形をそのままでも、形をくずしてもカサ増し使える、そんな厚揚げは、節約料理の神食材と言ってもよいでしょう!今回は厚揚げをカサ増しに使った、ごはんにもピッタリなおかずをご紹介します。

  • 6861
  • 172
  • 0
  • いいね
  • クリップ

主役は厚揚げ


今回の主役食材は、こちら!厚揚げです。


1パックに小さめサイズが2枚入っているタイプや、1パックに大きいサイズ1枚で入っているタイプがあったり、初めから一口大の大きさになっているタイプがあったり、一言に「厚揚げ」と言っても、タイプは様々あります。

そのときの特売になっているものを選んだり、使いやすいタイプを選んだり、使い分けていくといいですね。


材料と作り方


それでは、厚揚げを使ったカサ増しおかずを作っていきましょう!

【材料:2人分】

厚揚げ 小1枚

鶏もも肉 1枚

A
しょうゆ 大さじ1
酒 大さじ1
砂糖 小さじ1


刻みネギ  大さじ2程度


サラダ油 小さじ2


1:鶏肉は一口大に切り、ポリ袋(またはジッパー付き保存袋)に入れ、A も加えてよくもみ込んでなじませます。

時間があれば、20分ほどおきます。
時間がない時は、下味をつけてから厚揚げの下ごしらえをすすめていき、鶏肉に味をなじませるようにします。

2:厚揚げは一口大に切り、耐熱ボウルに入れます。ひたひたに水を入れ、ラップはかけずに電子レンジ(600w)2分ほど加熱します。

これで、厚揚げの油抜きをします。

3:フライパンに油を熱し、下味をつけた鶏肉を弱めの中火で炒めます。鶏肉に火が通ってきたら、厚揚げも加えて、一緒に炒めます。


刻みネギをトッピングして、できあがりです。

1人分107円(底値計算、調味料含まず)とリーズナブルです。お給料日前や、出費が多い春には、「厚揚げ」をうまく使って料理を作るとお財布にも優しくなります。

厚揚げを「豆腐」にかえてもかまいません。

豆腐を使うときは、木綿豆腐がよいでしょう。しっかりと水切りしてから使ってくださいね。



鶏肉も、もも肉以外にムネ肉や手羽先や手羽元にかえることもできます。
そのときの買いやすい値段の部位を選んで、使うのもいいですね。


ブログも更新してます。よかったら、あわせて読んでいただけると嬉しいです♩



ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

  • 6861
  • 172
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

節約アドバイザー・節約料理家の武田真由美です。手間もお金もかけずに、ちゃーんとおいしいおうちごはんが大好きです。レシピ開発・テレビ出演・講演・クッキングショーを…

おすすめのアイデア

話題のキーワード