冬のローカロリーあったかスイーツ!「レンジで焼きりんご」のすすめ

寒い冬は、あったかスイーツが恋しくなる季節。ほかほか温かくヘルシーなスイーツが食べたくなったら、自宅でカンタンに作れる「焼きりんご」はいかがですか? 家でじっと過ごすことが多いのに、つい甘いものを食べすぎてしまいがちな冬。果物を焼いて作るシンプルな焼きりんごはカロリーコントロールにもうってつけ! 今回はレンジで作る簡単なレシピと、おすすめアレンジについてもご紹介します。

  • 16452
  • 79
  • 0
  • いいね
  • クリップ

あったかくてローカロリー、冬のおやつにもぴったり。まずは基本の焼きりんごから

「一日一個のりんごで医者いらず」――海外にはそんなことわざがあるほど、栄養たっぷりのりんご。冬の風邪対策にもぴったりです。生のしゃりっとした食感もよいのですが、寒い冬におすすめなのが焼きりんご。手間いらずでほっこりおいしいスイーツです。まずは基本の作り方からご紹介しましょう。

基本の焼きりんご

【材料】(1人分)
・りんご……1/4
・ハチミツ……小さじ1弱
・バター……少量
・シナモンパウダー……適量

【作り方】
1. りんごは切って耐熱容器へ
2. ハチミツを回しかけ、バターを小さくちぎって散らす。シナモンパウダーを振る
3. ラップをして600Wで約1分~1分半程度加熱する

材料の加減はお好みで調整を。我が家ではハチミツ・バター多めが人気ですが、食べる時間などを考えながら調整しています。

ドライフルーツやアイスクリーム。おすすめアレンジは?

りんごは製菓材料としても使われるフルーツ。カンタンなアレンジでよりおいしく食べられますので、気分でアレンジを変えてみるのもおすすめです。

トッピングにオススメなのは、ドライフルーツやナッツ。りんごとドライフルーツの相性はいわずもがなですが、おつまみでも定番のミックスナッツを少し散らすとほどよい塩気が加わって、より味に奥行きが出るのでオススメ。焼きりんごの材料としてはバター、ハチミツ(または砂糖)、シナモンがあればOKですので、お好みの加減でどうぞ。

また、焼きりんごに添えるアイテムとして鉄板なのはバニラアイス! アツアツの焼きりんごにバニラアイス、パイ菓子も添えて……なんてやっていると、あっという間にローカロリーなスイーツではなくなるのが困りモノ。でも、食べる時間や気分に合わせてアレンジを楽しんでみてくださいね。

特別な日に作りたい、まるごと焼きりんごもレンジなら簡単

そして、ちょっと豪華なりんご一個まるごとで作る焼きりんごも、レンジなら簡単。特別な日に作ってみてはいかがでしょうか?

【材料】
・りんご……1個
・ハチミツ……大さじ1
・バター……大さじ1
・ドライフルーツ……適量

【作り方】
1. りんごはよく洗った後、スプーンで芯をくりぬき、竹串で皮に穴をあける。このとき、下まで貫通しないように少し残す。
2. ハチミツ、バター、ドライフルーツを混ぜ、芯をくりぬいた部分に詰める。
3. ラップをして600Wで約4~5分加熱する。

キレイに作るためには、りんごの皮部分にたくさん穴をあけておくのがポイントです。これによって皮が破れにくくなります。また、りんごから水分が出ますので、平皿ではなく深めの耐熱容器を使うのがおすすめ。お皿に盛って、スティック状のお菓子とミントを飾れば、ちょっと可愛いりんごスイーツのできあがりです。

焼きりんごは、冬のローカロリースイーツの鉄板。ここではレンジで作る方法をご紹介しましたが、加熱方法はフライパン、トースター、オーブンなどさまざま。バターの香ばしさが生きるフライパン、少量でも気軽にできるレンジ、本格的な焼きりんごができるオーブン……など、使い分けながら自分好みのレシピを見つけてくださいね。

●ライター 下川尚子


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!

  • 16452
  • 79
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ご家庭で簡単に作れる身近なレシピから、本場のプロの味を再現したレシピまで食を通じて生活を豊かにしてくれるアイデアを発信していきます!

おすすめのアイデア

話題のキーワード