しっとりふんわり レーズン食パンレシピ

卵不使用・ミルクたっぷりの生地で作る、レーズン食パンレシピをご紹介します。熱々のトーストにバターを乗せて、コーヒーと一緒に食べると朝から幸せです。

  • 44877
  • 171
  • いいね
  • クリップ

以前、風味豊かなバターロール生地で焼くレーズン食パンのレシピを載せましたが、今回は卵不使用で、こねやすくしっとり柔らかなミルクたっぷりのレーズン食パンレシピをご紹介します。
あれば、こねるところはホームベーカリーにまかせて、発酵もオーブン機能に頼ることで、その間にほかのことができ、気楽に作れますよ。

バターロール生地で焼くレシピは、こちらのリンクからどうぞ。

材料

1斤分

 強力粉 240g
 砂糖 20g
 塩 4g
 ドライイースト(耐糖)5g
 無塩バター 15g
 牛乳 180g
 レーズン 100g

準備

○牛乳は30度から35度に温めておく
○バターは押すと指がすっと入る程度の温度にしておく
○小鍋に分量外の水を入れて沸かし、レーズンを加えて火を止め、1~2分おいてふっくらとしたらざるにあげて水を切り、冷ます
 →風味付けに、好みでラム酒大さじ1ほどをふっておいても

作り方

①粉類をさっと混ぜてから温めておいた牛乳を入れ、手で合わせてまとまってきたらバターを混ぜ込み、台でなめらかになるまで叩いて返すようにこねる(目安15分程度)

★牛乳は低脂肪や無脂肪のものだと打ち粉をしてもべたつきやすくなるので、必ず『牛乳』と表示されたものを使用する

②生地を少し広げて中央にレーズンを置き、外側から生地を持ってきて包みこむようにレーズンを混ぜ込んでいく。表面に出てくるくらいまでしっかり混ぜ込めたらOK

③ボウルに入れて乾燥しないようにラップ等をかぶせ、約2倍になるまで一次発酵(目安30度40分前後)

④ガス抜き後2分割して丸め、乾燥に気をつけつつ10分休ませ、その間に型に油脂を薄く塗っておく

⑤生地をそれぞれ20cmほどの長方形に伸ばして巻き、巻き終わりを閉じたら両側から挟んで幅を調整し、閉じ目を下に・渦巻きが見える側が型の長辺に当たるよう型に入れ、それぞれ手をグーにして上から平たく押したら端を指先で底に押し込む(手順⑦の上の写真)
 →上から平たく押して、手や指で型の端まで押すことにより平行に釜伸びしやすくなる

⑥型の八分目まで膨らむまで、30度で30~40分程度最終発酵

⑦オーブンを180度に予熱し、23~25分焼く
 →オーブンの予熱終了時=オーブンに入れる時点で、型の八~九分目まで膨らんでいるのが理想
 →オーブンの予熱に時間がかかるような機種のものであれば早めに予熱し始めるなど調整を

⑧型を台に打ち付けて取り出し、ケーキクーラーの上で冷ます

そのまま食べても、トーストしても

パン切りナイフでスライスするのは、しっかりと冷ましてからがおすすめなのですが、割るとこんなにふわっふわ!
朝食にそのまま食べて美味しいのはもちろん、熱々のトーストにバターを乗せて食べるのもおすすめですよ。


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 44877
  • 171
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

お菓子の型が大好きで、現在所有している数は800個。自家焙煎珈琲専門店にて焼き菓子作り担当。自宅でもほぼ毎日お菓子・パンを作り、ブログにレシピを投稿しています。…

おすすめのアイデア

話題のキーワード