国産レモンは今が旬◎レモンサブレのレシピ

国産レモンが旬の季節を迎えています。ぜひ国産レモンを使って作りたい、皮も果汁も混ぜ込んで焼く、爽やかなサブレレシピをご紹介します。

  • 23515
  • 720
  • いいね
  • クリップ

料理にもお菓子作りにも何かと欠かせないレモンは、品種も様々ですが、国産レモンの多くは冬が旬です。
この時期は、庭のレモンの木にたくさん実るというお宅もあるでしょうし、道の駅などでも手に入る場合もありますよね。

今回はぜひ国産レモンを使って作りたい、皮も果汁も混ぜ込んで焼く、サクッと軽い食感の爽やかなレモンサブレの作り方をご紹介します。

材料

約30枚(天板2枚分)

 無塩バター 100g
 粉糖 60g
 アーモンドパウダー 30g
 薄力粉 130g
 レモンの表皮すりおろし 1個分
 レモン果汁 10g
 グラニュー糖 適量

※レモンの皮はよく洗い、黄色い部分をすりおろす

作り方

①フードプロセッサーに無塩バターからレモンの表皮すりおろしまでの材料を入れて、スイッチを押して切り混ぜ、さらさらになったら果汁を加えてパルス操作でまとめる

★手作業で作る場合はレシピの次に手順を説明しています

②ラップに包んで20cmほどの丸い棒状に成形して、再度ラップに包み直し、冷蔵庫で2時間以上冷やす
 →柔らかめの生地なので、底がつぶれるなどうまく丸くならない場合は、冷蔵庫で冷やしている途中で様子を見ながら転がして丸くする

③オーブンを170度に予熱し、天板にオーブンシートを敷く

④側面にグラニュー糖をまぶし、1.2cmの厚さにカットして、3~4cm間隔でオーブンシートの上に並べる

⑤予熱が終了したオーブンに入れて17~20分ほど焼き、側面と裏に焼き色が付いたら焼き上がり

手作業で生地を作る場合

手作業で生地を作る場合は、このような手順になります。

 1.泡だて器や木へらでバターを柔らかく練り、粉糖を混ぜてよく馴染ませる

 2.薄力粉とアーモンドパウダーをふるいながら一度に入れ、柚子の表皮のすりおろしも加えて、ゴムベラで切り混ぜる

 3.ある程度混ざったら粉気があるうちに柚子果汁を加えて、更に切り混ぜながらまとめる

  • 23515
  • 720
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

お菓子の型が大好きで、現在所有している数は750個。父と経営する熊本の自家焙煎珈琲専門店にて、焼き菓子作りほか担当。自宅でもほぼ毎日お菓子・パンを作り、ブログに…

おすすめのアイデア

話題のキーワード