りんごだけなのに、すごく甘い。簡単パリパリ・りんごチップスの作り方

りんごの美味しい季節です。でも、りんごはちょっと油断していると、パサパサふかふかになって、そのままではまずくて食べられなくなってしまうことがありますよね。そんなときにおすすめなのが、りんごチップス。パリッと食感で、りんごそのものの甘みを濃厚に感じられるお菓子に大変身します。

  • 177484
  • 3269
  • 15
  • いいね
  • クリップ

パサパサフカフカのりんごを美味しくよみがえらせる手作りお菓子

秋から冬にかけて旬を迎えるりんごで作る簡単お菓子・りんごチップスの作り方を紹介します。

秋から冬にかけて、りんごは旬を迎えます。まさに今がりんごの美味しい季節です。でも、りんごって時間が経っても見た目があまり変わらず、つい油断をして、気がついたときにパサパサフカフカで歯触りの悪い状態になってしまっていることがあります。そうなってしまうと、生のまま食べるのはツライ。そんなとき、どうしていますか。

煮たり焼いたりしても美味しいけれど、おすすめなのが乾燥させること。りんごチップスにしてしまうと、パリッとした食感が楽しいだけでなく、りんごそのものの甘みが凝縮されて、驚くほどの甘さを感じます。我が家に来たお客さんにお出ししたときは、「これ、お砂糖とか使っていないんですよね?」と驚かれたほど。私はこれが大好物なので、ふけてしまったものだけでなく、そのまま食べても美味しいりんごも、たまにチップスにしてしまうことがあります。

材料ひとつで簡単。しかも、素朴で美味しい手作りお菓子・りんごチップスの作り方を紹介します。

電子レンジ&オーブンで時短。りんごチップスの作り方

古くなったりんごも美味しく食べられるりんごチップス。もしかしたら、生のままのりんごよりも美味しいかも!?

【材料】(一度に作りやすい分量)
りんご 1/4個

できるだけ薄切りにした方が短時間でキレイにパリッとします。

りんごを薄切りにして、耐熱容器に重ならないように並べます。薄く切った方が素早く乾燥します。頑張って、できるだけ薄く切ってください。

電子レンジで加熱しすぎると焦げるので、注意。このあとオーブンで焼くので、ある程度まで水分が飛べばOKです。

電子レンジ(600W)で2~3分加熱します。あまり加熱しすぎると焦げることがあるので、注意。白っぽかったりんごがうっすら透き通って見える程度まで加熱します。

りんごを重ならないように並べて、オーブンで焼きます。

天板の上にオーブンシートを敷き、りんごを並べます。150℃に予熱したオーブンで10~15分加熱します。低めの温度で加熱するのがポイントです。

しっかり乾燥されると、りんごがペラペラの状態になります。

完全に水分が抜けるまで加熱します。切り方やオーブンの状態によって、一度に全部乾燥しきれないことがあります。乾燥したものはキッチンペーパーの上に取り、完全にパリッとするまで置いておきます。まだ水分が残っているものがあれば、さらに5分ずつ追加加熱します。

水分が抜けると、厚みがほとんどなくなります。水分が残っているものがあると、他のものまで湿気ってしまうことがあるので、しっかりと乾燥させてください。

パリッとした食感が美味しいりんごチップスの完成です。

できあがったりんごチップスは、密閉容器に入れて保存しましょう。置きっぱなしにしていると、すぐに湿気てしまいます。

密閉できる容器に入れておかないと、すぐに湿気てきてしまします。

オーブンだけでりんごチップスを作ることもできますが、とても長い時間がかかってしまいます。また、電子レンジだけで加熱すると、焦げやすく、失敗しやすい。失敗なく時短で仕上げるには、最初に電子レンジである程度の水分を飛ばした上で、オーブンで加熱するのがおすすめです。

とっても甘くて自然な美味しさ。作るとあっという間になくなってしまうのが玉にきず。「りんごは医者いらず」というほど、身体にもいいと言われています。ぜひ旬の今、たくさん味わってみてくださいね。

材料はりんごだけ。自然な甘みのお菓子は、小さなお子さんにも安心です。


LIMIAからのお知らせ

プロパンガスの料金を一括比較♡
・毎月3,000円以上のガス代削減で光熱費をお得に!
・今なら契約切替完了で【Amazonカード5,000円分】をキャッシュバック!

  • 177484
  • 3269
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

■暮らしスタイリスト/一人暮らしアドバイザー/料理家自らの一人暮らし体験を元に取材や研究を重ね、2001年からWebを中心に各種メディアで暮らしに関する情報を発…

おすすめのアイデア

話題のキーワード