お値段安定のカツオタタキを使ってゴマダレマリネ

カツオタタキは初夏が旬ですが、年中お安く買えるカツオタタキの冷凍パック
うちではこれが年中、大活躍です!。
普通にカツオタタキで食べても、カルパッチョで食べても美味しいのですが
今日は、も~っと美味しい、コマペーストを使った、変わりマリネのご紹介!
「胡麻ダレぽん酢のカツオマリネ」です。

  • 3631
  • 29
  • 1
  • クリップ

美味しいカツオマリネをどうぞ

マイルドで、コクのあるゴマペーストと、ちょっと甘めに作った酸味のあるタレとが
玉ねぎと人参の風味で、最後の一滴までなめたくなる美味しい和風マリネにしてくれました。
「なんか新しいんやけど!メッチャ安心できる味!」
調味料、それぞれは全部馴染みのあるものですから、
それを絶妙に混ぜる事で、後を引く美味しさが生まれます。

冷凍庫から

冷凍庫から取り出したのは
・カツオタタキの真空パック、180g(年中お安い!224円でした)
半解凍のまま薄切りにしておきます

一緒に写っている下の二つは・エイヒレのフィレ・鶏モモ
でも、ここでは使わないので、一応一緒に出したので写真におさまりました。(笑)

材料のお野菜

お野菜は、中途半端に残っていたものの整理の様な状態でして
・人参、細い方半本  皮ごと細めの千切り
・ミョウガ、1本  千切り
・玉ねぎ、半個  繊維にそってスライス (中途半端をさらに中途半端に使っちゃいます)

お野菜高いですからね、大事に使ってる感じが伝わりますでしょ(笑)

辛みを飛ばすために塩で揉む

・スライスした玉ねぎ
は、ボールに入れて
・塩、小さじ2
を入れて
ゴリゴリつぶさないように、優しく何度もつかむようにして
水分が出て来るまで揉みます。

揉めました

しっかりとしんなりするまで、手で揉んだ玉ねぎは
・水、揉んだ玉ねぎの頭が出ない程度
入れて、10分ほど放置
その後、1回軽く水ですすぎ、シッカリと搾っておきます。

漬けタレ作り

・酢、カップ1/4強
・醤油、大さじ2
・三温糖、大さじ2
・みりん、大さじ1
・塩、2つまみ
・こんぶ出汁顆粒、小さじ半分
・味の素、3ふり
・煮切った酒(一旦沸騰させたもの)、カップ1/4
・切った人参
・切ったミョウガ を、しっかりと混ぜ合わせて

カツオとマリネ

・水気をしぼった玉ねぎ
・切ったカツオタタキ
も、入れて合わせます。
カツオのタタキが崩れないように、やわらかく扱います。
後で、胡麻ダレも入れますが、先にポン酢味を玉ねぎとカツオに浸み込ませておきます。

胡麻ダレを追加

・野菜とカツオとポン酢を合わせたタレ
を、少しだけ小鉢に取って
・白胡麻ペースト、大さじ2
を、入れてのばして合わさりやすいようにします。

混ぜる

伸ばしたゴマダレは、具材を和えてあるボールに戻し入れて

混ぜる2

下からすくい上げる様に合わせて
このまま酸に強い容器に入れて冷蔵庫で、最低30分は休ませます。
一晩置くとより美味しくなります。

盛り付け

胡麻ダレぽん酢のカツオマリネ!
・きざみ青ネギ  を、たっぷりと乗っけて

暖房の入ったお部屋で、冷たく冷やしたカツオタタキのマリネもなかなか美味しいものです。

実食

一見和風ですが、洋食として食べて頂けて
チリ辺りの白ワインなんかにも最高に合います。
もちろん、バケットとの相性も抜群で、これをそのまま乗っけて頂いても美味しいです。
タレも捨てがたいほど美味しいので、
カリッとトーストしたバケットに浸して食べて頂いても好評です。

手直にあるお野菜、何を使っても美味しくできます。
お魚の苦手な方は、鶏の胸肉やささ身をタタキにしてスライスして
同様に作って頂いても美味しいです。
漬けておく時間は必要ですが、作り置きしてサッと出せるので
パーティなどでも大活躍の一品です。
胡麻ダレぽん酢のカツオマリネ の、ご紹介でした♪

  • 3631
  • 29
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード