身近な食材「えのき」「鶏もも肉」を使って柔らか旨旨の「キノコ鶏」の作り方のご紹介

鶏が食べたくって止まらない衝動の日 ってありますよね♪
(あれ?私だけ? (笑))

そんな日に、冷蔵庫にあったのが「えのき」だけ・・・
「ねぎま」にしたくってもねぎもない(苦笑)

だったら有るもので美味しくいただきましょう!と
作ったレシピです。
鶏好きの方はもちろん、特別好きというのでもないという方にでも
絶対に喜んで頂ける
ごはんにも、お酒にも合う 鶏料理レシピです♪

今晩あたりいかがですか?
「きのこ鶏」の作り方のご紹介です♪

  • 9654
  • 267
  • 0
  • いいね
  • クリップ

きのこ鶏 どうぞ

煮ると、焼くの、
両方のいいとこを利用した、エノキのとろみが大活躍のお料理です。

柔らかくって旨味がぎゅって詰まって
お弁当のおかず、定番の常備菜としても活用していただけます。

フライパンに

鶏肉食べたい、止まらない衝動が湧いてきた日だったので
鶏もも肉を使います。

油を引かないフライパンに、
・鶏もも肉、1枚 半解凍でタテ3つ、ヨコ4つの12個に大きく角切りに切って
・エノキ、半株  石づきを外して 3センチ程度に切り分けて
(キノコは水で洗いません。
 切る時も鋼ではなくセラミックかステンレスの包丁で切ります。)

火加減は大事!

中火の弱火鶏肉の皮面を下にして焼き色がつくまで焼きますと
エノキもしんなりして、キノコの旨味の水分が出てきます。

手早くだけを考えて、強火にしてしまうと
お肉が固くなって水分だけ出てきて、美味しくなくなりますので
火加減は大事です!

昆布八方

青森県津軽の江戸時代から続く醤油蔵の底力!  
ほんとに使い勝手がいいんです!

私は、あまりこういった出来合いのものって、
味が飽きるので使わないことにしていたのですが、もう、これ3本目です。

何に使っても同じ味になってしまう、出来合いめんつゆと違って
自分の味にアレンジできるのが、なによりもうれしいところなんです!
(無い方は、めんつゆでも代用になりますが、昆布八方、美味しいです♪)

昆布八方の希釈

ここに、希釈(薄めること)の状態例を書いてくれてますが
もはや、黄金比で仕上がっている料亭の味!
ご自分流のアレンジで、更に美味しく出来ます♪

昆布八方を入れる

・昆布八方、大さじ2
・三温糖、小さじ1
エノキがしんなりして、鶏の皮面に火が入った状態で入れます。

煮汁を集めながら

鶏肉をひっくり返して
汁気を寄せ集めるようにしながら、中火の弱火のままで火を通します。

鶏もも肉の肉面にも火が通ったところで全体を混ぜ合わせて
残りの煮汁が中に染み込むように、まとめた状態で室温で冷まします。
(冷めても美味しいので、主人が帰ってきてから温め直し無しで盛りつけました。)

盛り付け

キノコ鶏は、粉山椒(花椒)を ふぁらり と振りかけて
山高に、深さの有る食器に盛り付けます。

「キノコ鶏」 と名付けました。
 キノコ鶏のトリは肉の鶏なんですけど  きのこ狩りの 「キノコ採り」
と 言う感じもする、秋っぽいネーミングだと、
主人はえらく気に入っていましたが

深読みしてもらって悪いのですが、ただの「鶏」と「キノコ」で
単純なネーミングでした(笑)

実食

や・わ・ら・かっ! 

これは、お弁当のおかずに入っていたらテンション上がるタイプのやつです。

煮た鶏と違って、鶏の旨みがシッカリしているので、鶏好きにはたまりません!
焼いて作る煮物!
 煮ると、焼くの、両方のいいとこを利用した、エノキのとろみが大活躍です。

強火加熱でない状態の調理なので、鶏のタンパク質が硬くなりすぎず
エノキのとろみのおかげで、お肉の表面がコーティングされて
肉汁も逃げずに、ジューシーなまま柔らかく仕上げてるんです♪

旨い~♪

キノコだけでも

食材の良い力を借りて、美味しく仕上がりました。

エノキも、「昆布八方」と「鶏の旨み」を吸ってるので
アボカドに乗っけても、最高に合います。

鶏肉を先に全部食べてしまても、残った「えのき」だけでも楽しめます。

300円以内で大活躍な、美味しいおかず、
今見と柔らかさがクセニナル

「きのこ鶏」 の作り方のご紹介でした♪

  • 9654
  • 267
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

主婦

おすすめのアイデア

話題のキーワード