お弁当のおかずに大満足で大活躍!最高リメイク、豚丼からの絶品「豚肉じゃが」

たっぷり作って大満足だった豚丼の具を
あえて残して、お弁当にも大活躍の豚肉じゃがにします。
リメイクすることで、より深い旨みを感じる
冷めても美味しい、お弁当にも大活躍で大好評の
「豚肉じゃが」に、なりました♪

  • 1163
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

色合いは薄く味はシッカリ

お弁当に入れる煮物は、冷めても美味しくなくてはいけませんよね。
お醤油が濃すぎると、味わいが良くても色目がきれいではありませんし
かと言って薄味すぎると、おかずとしては物足りない。
そこで、あえてのリメイクで旨味を重ねました♪

下茹でした後出汁で煮る

・京厚揚げ、1丁分  沸騰したお湯で油抜き、一口大に切り分けます。
(京厚揚げはモッチリ感のある絹ごしの厚揚げです)
・糸こんにゃく、1パック  
 沸騰したお湯で下茹で、食べやすい長さに切ります。
両方共、一緒に沸騰したお湯の中に入れて、5分沸騰させて
水気を切ってから調理に入ります。

お鍋に
・水、カップ2
・好みの天然だしパック、1
・三温糖、小さじ2
・みりん、大さじ1
沸騰させてから
・京厚揚げ&糸こんにゃく
を、入れて、フタをして弱火で5分煮ます。

じゃがいも追加

じゃがいもは、お弁当に入れても型くずれしないように
厚揚げと糸こんにゃくよりも後入れです。

・じゃがいも、2個  皮を剥いて一口大に切り分けて
お鍋に入れ、汁がかぶる状態にしてフタをし、
10分弱火で煮ます。

豚丼の具

リンクにある「柔らか豚丼の作り方」で作った豚丼の具を使います。
・豚丼の具、全体量の半分

お鍋の中に入れます。

煮汁の状態を良くする

柔らか豚丼の具材を追加して、混ぜた後
・薄口醤油、大さじ1
お弁当に入れても汁が流れ出しにくいように
・うき粉、小さじ2
を、追加して、ダマにならないようにかき混ぜて
フタをして弱火で5分煮ます。

好みの水分量まで煮詰める

これが混ぜて5分煮た状態です。
冷めていくと具材に水分が少し入り込むことも考慮して煮詰めます。
煮汁は、うき粉のおかげで具材に絡みやすくなっています。

おつまみにも

お弁当のおかずに合うように作っていますが
もちろん普段に食べてもとっても美味しいので
メインのおかずを待つ間のお父さんの晩酌のお供に(笑)
また、夜食に、軽い昼食にと大活躍です。

常備菜としてとっても嬉しい、絶品のお弁当のおかず。
(主人は連続4日も、お弁当に入れてくれと言い続けています(笑))
リメイクすることで、短時間で作っても味に深みのでる
「豚肉じゃが」の作り方でした♪

  • 1163
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

主婦

おすすめのアイデア

話題のキーワード