家具に使われる板の「フラッシュ構造」「ハニカム構造」って何?

家具のカタログなどを見ていると、
その家具にどういう板が使われているか書かれていることがあるんですね。

その中に「フラッシュ構造」とか「ハニカム構造」
とか書かれていたりするんですね。

それって何?どんなものなの?
というのが今回のお話し♪

  • 9578
  • 15
  • 0
  • いいね
  • クリップ

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



さてさて。
今回は「家具に使われている板」をご紹介したいわけなんですね。

家具のカタログや、お店で価格表なんかを見ていると
「板の種類・構造」を表している言葉が書かれていることがあるわけなのです。

そういう板の中で家具によく使われている
「フラッシュ構造」
「ハニカム構造」
の2つのお話しをしていきますね~♪


こういう家具の板は基本的に「一枚の天然の板」ではないんですね~。
角材やベニヤなどを組み合わせて大きな板を作っているのです。


「フラッシュ構造」ってどんな板?

まずはこちらの写真をご覧ください♪


棚板をノコギリで真っ二つにしてみた図。
断面を見ると「中身がない」ですよね?
これが「フラッシュ構造」と言われる板の断面なんですね~。


「フラッシュ構造」とは…
角材や厚い板で枠組みを作って、その裏と表にベニヤ板などの合板を貼った板
ということなんですね。

なので、こうやって断面図を見ると「中身がない」ってことになるわけです。

そんなわけで、このフラッシュ構造の板は叩くと
「ポンポン」と中身が詰まっていない音がするんですね~。


なんか「中身がない」というと良くない感じがするかもしれません(笑)

でも、このフラッシュ構造によって
「板を軽くすることができる」というのが最大のメリットなんですね。
それに、板が反ってしまうことも防ぐことができるのです。

そんなわけで家具には広く使われている構造の板なんですよ♪


「ハニカム構造」ってどんな板?

まず「ハニカム」って何か?と言いますと。
「蜂の巣」のことを英語で「ハニカム」っていうんですね。

そんなわけで、蜂の巣のように「六角形が繋がっている構造」のことを
「ハニカム構造」っていうのです♪


これが「ハニカム構造」と呼ばれるもの。
家具に使われているのはこんな風にダンボールのものが多いです♪


こういう上の写真のような「ハニカム構造になっているダンボール」が、
先ほど解説した「フラッシュ構造」の隙間の中に入っている板のことを

「ハニカムボード(ハニカム合板)」
っていうんですね~。


フラッシュ構造では中身がないことで軽量化ができていたわけですが、
このハニカムボードにすることで軽いだけじゃなく「軽くて強い板」にできるのです♪


これは実際にハニカム構造になっているテーブルを切ったもの。
店長が指差しているのが先ほど見たダンボールのハニカムです。


押す力に強い、丈夫な構造なので、
こうやってテーブルの天板に使われていたりするんですね~。


これらの構造は広く家具に使われているのです。

今回ご紹介した「フラッシュ構造」と「ハニカム構造」の板は
家具を作っている板には広く使われている構造なんですね。

これによって軽くて丈夫な家具を作ることが出来ているのです。

それに一番大事なポイントは…


天然の木材を使うよりも安価だ、というところでしょうか(笑)

そんなわけで組立家具には
ほぼフラッシュ構造かハニカム構造の板が使われているんですね。


あ、この構造だからってすべて安いものというわけじゃないので
その点は誤解なされないように♪(笑)

身近な板の構造なので、よかったら覚えてあげてくださいね~。


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした~!

テーブルの脚の裏には「高さを微調整する機能」があったりするんですよ~。

テーブルを置いている床がまっすぐじゃない場合って、テーブルがグラグラしちゃいますよね。 そういう時ってテーブルの脚に何かを「かませて」、グラグラを直していたりするかと思うんですが… テーブルによっては、脚の裏にそのグラグラを直すための機能があったりするんですね。 そんなわけで今回は、その機能がついているテーブルのお話し♪

ひらた家具店

こちらの記事も店長オススメです♪

  • 9578
  • 15
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード