「タイルカーペット」のメリットとデメリットって?

床に敷くものって「カーペット・じゅうたん」や「ラグ」の他に
「タイルカーペット」もありますよね?
名前の通り、四角い形をしたタイル状のカーペットなわけです。

そのタイルカーペットのメリットとデメリットってなんだろう?
というのが今回のお話し。

ちょっと店長と一緒に見てみましょう♪

  • 26255
  • 44
  • 4
  • いいね
  • クリップ

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



さてさて。
今回は「タイルカーペット」のお話しを。

そのタイルカーペットのメリットとデメリットってなんだろう?
そんなお話しをしていきますね~。


「タイルカーペット」ってどんなカーペット?

本題に入る前に軽く「タイルカーペットって何?」ってお話しを。

タイルカーペットって、その名の通り「タイル状(パネル状)」のカーペットなんですね。
40センチの正方形か、50センチの正方形のものが多い感じです。
(パズルのピースのような形のものもあります)


色や柄が様々あって、オフィスで使うような落ち着いた感じのものから
お子さまの遊び場にピッタリの賑やかなものまで色々とあるんですね~。


店長が指差している方が表面で、右側は裏面。
色や柄、裏面の素材も色々とあるんですね~。


こういう四角いカーペットを、敷きたい場所に自由に置けるのがタイルカーペットなわけです♪


タイルカーペットのメリットって?

・好きな場所に好きな範囲で置ける
・汚れた場所だけ洗ったり交換したりできる
・様々が色や柄を組み合わせてオリジナルな空間が作れる
・フローリングなどの床をキズから守り、防音対策にもなる
・空間(場所)を区切るような使い方もできる

こうやって違う色を組み合わせることで、自由に模様にすることができるんですね~。


タイルカーペットのデメリットって?

・ズレ防止の対策をしないとズレやすい
・お部屋全体に敷くには慣れないと結構たいへん
・ボンドなどで床に接着した場合は交換も結構たいへん

・一部分だけ新しくするとそこが目立つ(笑)

裏面の素材は色々とあるんですが、ボンドなどで接着することが前提の裏地もあるので、普通に置くだけではズレやすいんですね~。


タイルカーペットはズレやすいことにご注意を♪

お部屋の真ん中や、一部分だけにタイルカーペットを敷いた場合、
ズレ防止の対策をしていないと、結構ズレてしまいやすい、というのが
タイルカーペットのポイントになりますね~。

最近はタイルカーペットの裏側が、
「フローリングにくっつくタイプ」というのもあるみたいなんですけど、
それ以外のものだと対策をしていないとズレちゃいます。


そういう場合はお部屋全体に敷いちゃえばズレないわけですが…
タイルカーペットをお部屋全体に敷くのって、結構たいへんなんですね(笑)

例えばタイルカーペットをお部屋の端から置いていったとして、
必ず、どこかの壁面では「タイルカーペットを切って隙間に合わせる作業」をすることになるんです。


この「切って隙間に合わせる作業」ってのが、意外とハードル高いんじゃないかな、と。
(DIYがお好きな方は簡単にできちゃうかもしれませんけど…(笑))


タイルカーペットをお使いになりたい場合は、
そういう一面もあることをご理解の上でお使いいただければ、と思うわけです♪


こんな風に壁際は隙間に合わせてタイルカーペットをカットする必要があるわけです。


本日のまとめ。

先ほどもお話しした通り、
店長はタイルカーペットって「ズレ対策」が大事かな、と思うんです。

そこさえクリアしてしまえば、色々な柄や色を選べて、自由な場所に置けて、
部分的に交換することも可能で、床の保護や防音対策にも使える素敵なインテリアなわけです。


そういったメリットとデメリットを把握した上で
タイルカーペットを選んでいただければな~と思うわけです♪

参考にしていただければ、店長嬉しいです!


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした~♪

そもそも「カーペット(じゅうたん)」などを敷くメリットって?

最近はフローリングのみでカーペットを敷かない方も増えているかと思うのですが… そこであらためて「カーペットを敷くメリット」を考えてみたいわけなのです。 カーペットって「ホコリを舞い上がりにくく」してくれたり、「音が響かなく」してくれたり、「断熱効果を上げてくれたり」するんですね。 そんなメリットを店長と一緒に見てみましょう♪というのが今回のお話し。

ひらた家具店

こちらの記事も店長のオススメです♪

  • 26255
  • 44
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード