カーペットがズレない!「グリッパー工法」とは?

カーペットって普通は「置くだけ」ですよね。
でも、他にも床にカーペットを固定する、という方法もあるのです。

その固定する方法の一つ、
「グリッパー工法」というものを今回はご紹介します♪

こういうのは「工事してもらう」「施工してもらう」という感じの敷き方になるので、
ご自身で敷くことはないとは思うのですが…(笑)
「そういう方法もあるんだ~」って感じでご覧いただければ嬉しいです!

  • 57571
  • 21
  • 0
  • いいね
  • クリップ

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!


今回は正直…



ちょっとマニアックなお話しです(笑)

「カーペットの施工方法」ってお話しなんですけど、
簡単に言うと「カーペットのちょっと変わった敷き方」という感じ。

お家を建てた時やリフォームの際に、
建築屋さんなんかにお願いする形の「工事」って感じの敷き方なんですね~。


グリッパー工法、という敷き方なんですが、
ズレたりシワになったりせず、断熱や防音性も高い工法なのです♪

今回はその「グリッパー工法」って何?というお話しをしていきますね~!


今回は「カーペットの敷き方」のお話し。
ちょっと特殊な敷き方なんですね~。

「グリッパー工法」とは?

スゴく簡単に言うと

「カーペットを床に固定してしまう敷き方」

なんですね。

床にトゲトゲがついているものを付けて、
それに「カーペットを引っ掛ける」ことで固定するわけなのです。


トゲトゲが見えますか?
木材に裏から釘が打ってあって、それを床に取り付けてあるわけです。

この上の写真のトゲトゲにカーペットを引っ掛けるわけですが、

このトゲトゲが付いた木材のことを「グリッパー」と呼ぶんですね。
なので「グリッパー工法」っていう名前なのです♪

古いカーペットを剥がしている写真。
カーペットを剥がした下にグリッパーが見えますよね。

「カーペットを床に固定する方法」としては交換が簡単。

グリッパー工法で敷かれたカーペットは、
ガッチリとトゲトゲに固定されているので、手で簡単には剥がせないんですね~。
(一部を剥がしてしまえば、後は手でも簡単に外せちゃうんですけどね(笑))

そんなわけで上の写真は、
カーペットの端っこをペンチでつかんで剥がしているわけです。

カーペットを床に固定する方法って他にもありまして。
グリッパー工法の他に

・床に接着剤で貼り付ける「直貼り工法」
・専用ボンドで貼り付ける「モノボンド工法」

っていうのがあるんですね。

これら2つはつまり「接着剤で床にカーペットを貼り付ける」という方法なわけです。
なのでカーペットを交換するにはかなり手間がかかるんですね。


それらから比べると「グリッパー工法」というのは
カーペットの交換が簡単にできる工法なわけなのです。

でも…



だからって「楽に交換できる」というわけではない(笑)

先ほど「カーペットの交換が簡単にできる」と書いたわけですが…
それはあくまでも「他の2つの工法に比べると」ということなんですね。

「楽に交換できる」という意味ではないのです(笑)

ひらた家具店でも先日、グリッパー工法で敷かれたカーペットを交換してきたのです。

店長たちのいる「ひらた家具店」では、
グリッパー工法で敷かれたカーペットの交換をすることができるわけでして、

先日、実際に店長たちがやってきました。


やったんですが…


この交換ってめっちゃ辛いんですよね(笑)


ニーキッカーというカーペットを敷く工具を使う社長(兄)の図。

「グリッパーのトゲトゲにカーペットを引っ掛ける」わけですが…

引っ掛けるためには、
上の写真のように「カーペットを動かす工具(ニーキッカー)」で
カーペットを蹴りまくる必要があるんですね。

それがめっちゃ辛いのです(笑)
膝が痛くなっちゃうわけです。


こうやってお部屋の壁面に沿って3周くらいニーキッカーを使う必要があるんです。

痛みに耐えてカーペットをトゲトゲに引っ掛け終わったら、
次は余分なカーペットを切り落とします。

それにも専用の工具があるんですね~。

上の写真のような「特殊なカッター」でカーペットを切り落としたら…

こうやって「ヘラ」を使って、カーペットを壁とグリッパーの間に押し込みます。

お部屋の壁と、トゲトゲの付いたグリッパーの間には隙間があって、
そこにカーペットを押し込むことで、
カーペットが剥がれないようにするわけなんですね~。

「グリッパー工法」かどうか見分けるには…

お家の中のお部屋がグリッパー工法かどうか確認するのは、実は簡単なんですね。

お部屋の壁際のカーペットを触ってみてください♪
足で踏んでみてもいいです。


その時にグリッパー工法だと
グリッパーが入っているので「硬い木の感触」がするんですね。

それとカーペットをめくろうとしても簡単にはめくれないはずです。
(あんまりムリヤリめくらないでね(笑))


貼り替えはカーペットを扱っているところにご相談を♪

もしグリッパー工法のお部屋のカーペットを敷き替えたい場合、
カーペットを扱っているお店や、内装業者さん、建築屋さんなんかに相談してみると良いですよ~。


あ、ちなみに…

このグリッパー工法に使うカーペットは、
一般的にお店に売っている「裏が不織布」のカーペットじゃできないんですね。

なのでカタログなんかから選ぶ形になるかと思います。
カーペットは業者さんと話し合って決めてくださいね~♪


さぁ。
今回はちょっとマニアックなお話しでしたが…

へぇ~そういう工法もあるんだ!って思ってもらえるだけで嬉しいです(*´ω`*)


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした♪

よかったらこちらの記事も読んでみてね~♪

  • 57571
  • 21
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

ご覧いただきありがとうございます!家具やインテリアの基礎知識や豆知識など、お役に立てる情報を発信できるようにがんばっております。フォローはお気軽に♪こちら、LI…

おすすめのアイデア

話題のキーワード