【ほりえさちこのすぐ楽レシピ #8】鍋ひとつで野菜たっぷり!アツアツ&コク満点「白菜と豆腐の肉みそチーズ蒸し鍋」

フードコーディネーターのほりえさちこさんによる、簡単&スピーディーにできて、しかもおいしい“すぐ楽”レシピ。連載8回目は、温かいものが恋しい季節にぴったりなボリューム感あふれる「白菜と豆腐の肉みそチーズ蒸し鍋」。ボリューミーでコクがあり、しかも野菜がたくさんとれるひと品です。寒くなる季節にパワーチャージできるアツアツ鍋をめしあがれ!

  • 18714
  • 677
  • 0
  • いいね
  • クリップ

冬はストウブの出番です!コクたっぷりお鍋の作り方

●材料
・白菜……1/4~1/3個
・なす……1~2本
・豚のひき肉……200g
・豆腐……1丁
・さやいんげん……8本
・ピザ用チーズ……適量
・めんつゆ(3倍濃縮)……大さじ2
・水……1/2カップ
・調味料A(生姜のすりおろし1片、砂糖大さじ1、味噌大さじ1、酒大さじ1、豆板醤小さじ1)

●作り方
1. 白菜は7~8cm幅に切って鍋に並べて、ところどころになすの薄切りをギュウギュウにはさんでいきます。具材を詰めたら、めんつゆ、水を入れてふたをして、火にかけます。このとき、まだ具材から出る水分が少ないので、最初から強火にすると、焦げつくこともあるので注意。

2. 耐熱容器に豚のひき肉、Aを混ぜてレンジで約3分間加熱し、かき混ぜたら、さらに30~40秒間加熱してそぼろ状にしておきます。

3. 白菜から水分が出てくたっとしてきたら、ざく切りした豆腐をのせます。

4. 3の上に2でそぼろ状にしたひき肉、食べやすい大きさに切ったいんげん、ピザ用チーズをのせます。

5. ふたをして2~3分間加熱すれば、完成!

「肉も野菜もたくさんとれる、この時期ふさわしいボリューミーなピリ辛鍋です。作るときのコツは、加熱すると具材のカサが減ってしまうので、白菜のすき間に具材を入れるときに、ふたがしまらないほどギュウギュウに入れること。使用する鍋は深さのあるものがベスト。ストウブやル・クルーゼ、土鍋でもおいしく作れます。

具材はなすの代わりに、冷蔵庫にあるピーマン、玉ネギ、にんじんなどをピーラーでスライスして入れてもおいしいですよ。味のポイントは、子どもが大好きなチーズとみそのコクのある組み合わせ。さっぱり食べたい人は、お好みでチーズの量を加減してみてください。最後に締めのうどんを入れたり、ごはんを入れておじやにするのもおすすめです」(ほりえさん)

【ほりえさちこ】
栄養士/フードコーディネーター。和洋女子大で健康栄養学を学び、栄養士や食育アドバイザーの資格を取得。祐成陽子クッキングアートセミナーの講師を経て、テレビや雑誌、広告などで活躍。『フリージング離乳食―1週間ラクラク』『フリージング幼児食 1歳半〜5歳 —1週間分作りおき!』は累計4万部のロングセラーに。近著に『サラ弁』がある。

●書き手 庄司真美
●カメラ さくらいしょうこ

▼「ほりえさちこのすぐ楽レシピ」は毎週土曜日の12時更新♪▼

  • 18714
  • 677
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

栄養士/フードコーディネーター。和洋女子大で健康栄養学を学び、栄養士や食育アドバイザーの資格を取得。祐成陽子クッキングアートセミナーの講師を経て、テレビや雑誌、…

おすすめのアイデア

話題のキーワード