昔懐かしい「ナポリタン」を休日のお昼にボリュームたっぷりで日本人好みに作ってみました

お腹が空いて死にそうだという主人からのリクエストで
休日のお昼に「ナポリタン」!
ボリュームを出すためと旨みのために 鶏もも肉を使って
『ある物』を使って、レストランの味わい!

お家でいかがですか? おいし~いナポリタン!
その、『ある物』の正体とは? 

休日のお昼に食べた、「ナポリタン」の作り方のご紹介です♪

  • 4222
  • 135
  • 0
  • いいね
  • クリップ

おいし~いナポリタンを どうぞ♪

カゴメさんだとか デルモンテさんのケチャップを使うと、
真っ赤になるのですが
ハインツさんのケチャップなので、色がおとなしいです。
味は、
「もう1回、同じ量作ってくれても、全部おれ一人で食える」
と、喫茶店のナポリタンをはるかに超えると大絶賛のナポリタンです。

ピーマンがないので

ピーマンたっぷりが好きなのですが、なかったので
・トマトパプリカ、1個  ヘタ種を取り除いて厚めにスライス
・青パプリカ、1個  ヘタ種を取り除いて厚めにスライス
・霜降りひらたけ、1パック  手で裂いて
(きのこ類は水では洗いません。水を吸って美味しくなくなっちゃいます。)

油をひかないフライパンで

油を入れないフライパンに
・切れる程度まで半解凍の鶏もも肉、1枚 タテ半分に切って1cm幅に切り分けて
・玉ねぎ、小1個  タテ半分に切ってから 繊維に沿って厚めにスライス
中火の強火で鶏肉の表面が軽く色が変わるほど炒めます。

旨み

間違いのない旨みを追加します。
食宣伝.comさんオススメの
・やすまるローストだし、1包    封を切って粉状で使います

やさしい塩分の有るやすまるローストだしの力で
旨みが入って、シンナリシやすくなるので、手早く調理ができます♪ 

つなぎのための糖分

玉ねぎと鶏肉に、ざっくりとやすまるローストだしを絡めたら
・切ったトマトパプリカ&青パプリカ を入れて
パプリカは、ピーマンと違って水分と甘みが出るのですが
中途半端な甘みになるので、水っぽく感じてしまうので
・三温糖、小さじ2
を、足して先にシッカリと甘みを馴染ませます。

これが、全体の味わいの繋ぎとして良い活躍をしてくれます。♪

ケチャップの味わい

・ハインツケチャップ、大さじ8
・醤油、大さじ1       を混ぜ合わせて
フライパンに入れて、絡めます。

ハインツのケチャップは甘めなので
他のケチャップを使う場合は、お醤油を加減してください。

秘密の『ある物』

冒頭でお話した  『ある物』 そう、それは!
・粒マスタード、大さじ1

最近は、多くの家庭にある必需品になってきつつあります。
これを絡めて、ベースの具材ソース完成です!

茹で上げを合わせる

たっぷりのお湯を沸かして
・塩、小さじ2   で、塩のお湯を沸騰させたら
・パスタ、ロングスパゲッティ、100g程度 半分に折って
アルデンテの茹で上がりを
そのまま、湯切りしないでソースのお鍋に入れ込みます。

フライパンを揺すりながら

パスタをソースの中に入れたら
片手で円を描くようにかき混ぜながら
フライパンを揺すりながら、ソースを手早く絡めて

器に盛り付けて、テーブルに運びます。

各自取り分けて

休日なので、ワインを呑まずにはいられない味わいに大喜びです!

粉チーズをふりかけていただきます。

実食

安心の美味しさ!
粒マスタードが、いい仕事してくれています。
ハインツのケチャップは甘いので、これでグッっと締まります。

鶏は、ぷりっぷり! 柔らかジューシーでぷりぷり♪   
半分に折ったパスタも食べやすく、しっかりとよくソースが絡んで
本当に美味しいです♪

鶏肉のボリュームで、
ワインのアテにも、お食事にも両方活躍です。

身近にある材料だけで、こんな本格的な味わいになるものかと
感動を知っていただきたい1品

「休日のボリュームナポリタン」の作り方のご紹介でした♪

  • 4222
  • 135
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

主婦

おすすめのアイデア

話題のキーワード