1㌔千円の冷凍ボイルムール貝で、ポイポイお口に運べる美味しい唐揚げの作り方

先日作った、鶏の胸肉の唐揚げが、あまりにも美味しかったと、
土曜日の日中に主人から、また唐揚げのリクエストがありました。
ただ、この時に、胸肉が1枚しか無く
嵩増しのつもりで、「ボイル済みで冷凍で安く売っているムール貝」
を使ったところ、大好評!

アヒージョやパエリア、アクアパッツアなど、おしゃれな食事に
多く使われるムール貝ですが、身近な調理法、「唐揚げ」でも
その美味しさを発揮してくれます。

今日は、そんな食べやすい「ムール貝の唐揚げ」を、ご紹介します♪

  • 6311
  • 45
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ムール貝唐揚げ&鶏ムネ唐揚げ

休日の日中に
DVDの映画を観ながら、ワインを呑みながら、手づかみで食べれるようにと
ポテト、鶏胸唐揚げ、ムール貝唐揚げ 旬の塩ボイル野菜 で、
こんな献立のテーブルになりました。

最近、鶏ムネ肉の唐揚げに凝ってる主人ですが(もちろん食べる方です。)
この日は、ムネ肉があいにくと1枚しかなくって、
1枚では全く足りないので、ムール貝が大活躍してくれました♪

唐揚げの漬けダレ

市販のものも多く売られている唐揚げのタレですが
お家で作ったタレは、なにが入っているのか分かるのと
食べていても空きが来ない美味しさ!

簡単にできますので、ぜひ、お家味の唐揚げのタレを試してみてくださいね!

ビニール袋に、漬けダレ から作りましょ
・醤油、大さじ2.5
・酒、大さじ1
・生姜、大ひとカケ  皮ごとすりおろし
・ニンニク、中1個  タテ半分に切ってからすりおろし  (芽は取ってね~)
・ごま油、大さじ1
・昆布だし顆粒、小さじ半分
・味の素、3振り

鶏ムネ肉

・鶏ムネ肉、1枚 冷凍庫から出して解凍
出た水分は、ペーパーなどできっちり拭き取って 一口大の18個にカット

解凍後の水分は、鶏の生臭さに繋がりますので
しっかりと拭き取っておくのが良いです。

冷凍ボイルムール貝

・冷凍ボイルムール貝、30個程度 水で表面の氷を洗い流して(中はまだ凍ったまま)

このムール貝!
親指の頭ほどの小さいものなのですが、1㌔タップリ入って1080円!
業者さんしか行かないような業務用スーパーで買ったのですが
ものすごく使いでがあって、それで美味しいんです。

タレに漬ける

・鶏・ムール貝、一緒にタレに入れてモミモミします。

10分程、室温でこのまま休ませます。 
(普通は冷蔵庫に入れますが、ムール貝が半分凍っているのでこのまんまです。)

野菜も食べなくっちゃ!

唐揚げの時は、唐揚げだけになりがちですが
つまめるように用意したら、お野菜にも手が出しやすいもの!

つまめるお野菜は~っと、冷蔵庫をさがしたら
先日半分使って、半分残っていた カリフラワーとブロッコリーの間のような
・ロマネスコ、半分

ほんと、キレイですよね! 学校の時に美術でやった、模様図案みたいです。
自然でこんなのができるんですもんね! 
あまりの美しさに、虫めがねで見入っちゃいました。

・春キャベツ、1/4個  キャベツは半分にして、
ロマネスコは手でボリボリもぎって、食べやすい大きさにしておきます。

塩で茹でる

短時間で低光熱費で調理できる、圧力調整鍋クックレインボーに入れて
(量がそれほどでもないので、底面が小さく高さの有る「ごはん鍋小」に入れました)

・塩水(水カップ3+塩小さじ1) も入れて

圧力調整のできるフタのメモリを、圧力を中位に逃がす『2』に設定して
火を入れます。

中火の弱火で加熱して、5分沸騰させます。

あっという間に塩ゆで野菜完成です。
色も綺麗なまま茹で上がるのも、クックレインボーの嬉しいところです。

※ クックレインボーご購入ご希望の方にお知らせです!(o^-')b
2016年9月15日より『ダーリンのつまのLIMIAを見た!』と、
お伝え頂くと、ご購入特典が受けられます!
(特別特典については、ここには書けませんのでお問い合わせください。)
下記ファックス、電話、メールでのお問い合わせ、ご購入申し込みでと、
させていただきますので、よろしくお願いいたします。
FAX 045-914-743 フリーダイヤル 0120-099-253 メールinfo@cookrainbow.jp
(お問い合わせ窓口担当:五十嵐(いがらし) まで)

漬けておいた鶏胸とムール貝に衣をまぶす

漬けておいた汁を残して、ムール貝と鶏ムネ肉 を、別のビニールの移して

・紫白炒り胡麻、大さじ2 
・片栗粉、大さじ4    を入れて

下から叩くように合わせると、こんな感じに衣がつきます。

揚げる

170度に温めた油で (うちはオリーブオイルを使っています)

鶏肉の表面が固まる程度(約40秒位)サッと揚げて
一旦取り出して、ザルなどに上げて、『一度揚げ』完了。

ムール貝も揚げる

ムール貝も同様に一度揚げしますが、
ムール貝は小さいのと、ボイル済みなので、30秒程度で一度揚げ完了。

二度揚げをする

食べる時に
再度、油を170度に温め直して、 
網杓子で持ち上げながら、空気に何度も触れさせながら
良い色に揚がったら、ザルに上げて、油を切って
お皿に盛り付けて、テーブルに運びます。

ポテトも揚げる

油そのままで、ポテトも、揚げます

・メイクイーン、中2個分 皮を剥いてタテ角材切り
170度の油でカリッとなるまで揚げて

・味の素、1振り
・殊洲の塩、パラパラ  全体にまぶして  テーブルへ

他のものを揚げて、ポテトも一緒に揚げる場合は
先にじゃがいもの皮をかりかりになるまで揚げて取り出し
それからポテトを揚げると、油もきれいになって美味しく揚がります。

油の汚れや臭いの原因は酸化!
この酸化汚れは、食物繊維とくっつきやすいので
食物繊維の多いじゃがいもの皮を捨てずに揚げて使う事で、
油がきれいになり、臭みもなくなります♪

そして、実際に食べるポテトを揚げると、更に油がきれいになりますね♪

実食

二度揚げをしているので、カリッと揚がって、油っこくありません。
網杓子で空気に触れさせながら揚げているので、きれいな揚げ上がりです。

カリッと揚がった熱々のところをイタダキマス!

やけどに注意ですが、手で持って食べられるくらいでしたら
大丈夫と思います♪

柔らかジューシー

ムネ肉なのにパサつかず、とっても柔らか!
衣が、サクッ!としていて、中はムネ肉なのに肉汁が出るほどジューシー!

これは、一度揚げの時予熱でゆっくりと熱が入ることと
二度揚げで空気に触れさせながら揚げることで
短時間で揚がって、仲間で熱々ジューシー、衣がカリッとなるというわけです。

ムール貝も

ボイル済みで冷凍だったムール貝ですので
表面がカリッとなって、中まで温かければ問題はないわけなのですが

やはりこれも、二度揚の力で、中ふっくら熱々に解凍になり
表面はサックサクになったわけです。

サクサク揚と茹で野菜

食感の違うものを一緒に食べるお美味しさもありですが
キャベツの甘味と軽い塩味が、唐揚げとベストマッチです♪

ポテトも

なにもつけなくっても美味しいポテトですが

ケチャップとつぶなスタードがあればさらに最高!
手が止まらなくなりますね♪

相性に良さ

ムール貝の唐揚げには味がついていますが
ほんの少しの酸味が、また美味しさをアップさせてくれます

普通のマヨネーズをちょっとかけても美味しいですが
・レモンマヨネーズ (マヨネーズにレモン汁を混ぜたもの)との
相性がまた抜群!

手でつまんで、ポイッっと口に入る大きさも
噛んだ時のその美味しさも、止まらない♪

今回は、映画を観ながら食べましたが
女子会や、ちょっとした集まりの時にも
鶏の唐揚げよりもお安くできて、食べるのにもお手軽な
ムール貝の唐揚げのご紹介でしたぁ~ ♪

  • 6311
  • 45
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

主婦

おすすめのアイデア

話題のキーワード