組立家具のネジなどは「締めすぎる」とエラい事になるのでご注意を♪

組立家具(ノックダウン家具)はご自分でお家で組み立てるわけです。
その際、付属のネジを使って組み立てていくわけですが…

このネジってやたらと締めすぎなくてもいいわけなんです。

昔、力いっぱい、これでもか!と締めて失敗した店長たちが、
締めすぎるとどうなるのか解説いたします(笑)

  • 3999
  • 35
  • 0
  • クリップ

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



組立家具(ノックダウン家具)なんかをご自分で組み立てる時、
ネジを締めることがありますよね?

…当たり前ですけど(笑)


組立家具をしっかり組み立てるためには、
ネジもしっかりと締める必要があるわけですが…

あまりにも強く、これでもか!と締めると、
それはそれで問題が起きることがあるんですね。


そんなわけで今回は
「ネジを締める時には適度にね!」
というお話をしますね~♪


ホームセンターさんや量販店さんでは、こういう組立家具はご自分で組み立てる必要があるわけです。


店長(弟)が失敗したケース。

まずは昔、店長が失敗したことがあるケースのお話を(笑)

組立家具のネジを持っている図。


上の写真にあるようなネジを、
所定の場所に入れて締めていくわけですが…

こんな風に締めていきますよね?


こうやって最後までネジを締めたんですけど、
「ネジはやっぱりキツい方がいいよな」と思いましてね。

思いっきりドライバーで締めていたわけです。
しつこいくらいね。


そうすると…


ある瞬間から、ネジが締まるどころか
くるくると空転するような感じになっちゃったわけです。

ネジは回るんですけど、固定されないわけです。



これ。

ネジを入れられた板の方が、ネジに削られちゃって
固定できなくなっちゃったんですね。

店長、こんな失敗をしたことがあるわけなのです(笑)


空転しちゃうと困っちゃうので、
ネジは適度に締めてあげてね!


ネジを空転させちゃった時の対処法。

店長が失敗したように、ネジを空転させちゃった時には…

ひらた家具店が伝授!ネジが回り続けて効かない時の対処方法。

カーテンレールなどを壁にネジ止めする時に、ネジが空転してしまう(効いていない)時ってありますよね。 そういう場合に僕らが実際に使っている対処方法をお伝えします♪ どのご家庭にもあるもので、結構簡単に対処できるんですね。 ただし、壁側が「木」の場合のみ使える方法です。 壁側が石膏ボードだと今回の方法が使えませんのでご注意を。

ひらた家具店


↑こちらの記事の方法で、再びちゃんと締めることができるようになります。
参考にしてみてね♪

もし、空転してネジが抜けない!という方は…

ネジが回り続けて抜けない時って…どうしたらいいの?

組立家具を作ったりしている時やカーテンレールを付けたり外したりしている時、 DIYなんかをしている時に「ネジがくるくる回って抜けない」ってことありませんか? そんな時にはどうやって抜いたらいいの? っていうのが今回のお話し。 きっと皆さん同じようにしているとは思うのですが参考までに♪

ひらた家具店


↑こちらの記事をどうぞ(*´ω`*)


社長(兄)の失敗したケース。

店長の兄が昔、同じ様にネジを締め付けていた時。

もう、これでもか!と締めていたわけなのです。


そうしたら…




上の写真のように、
ネジが途中から折れちゃったことがあるんです(笑)

こうなると代わりのネジを探さなくちゃいけなくなるので、
だいぶ面倒くさいことになっちゃうわけです。


ネジは適度でいい。

こういった失敗をした店長たちからお伝えしたいのはですね。

「ネジを締める力は適度がいい」ってこと(笑)


普通に手でドライバーなどを使って締めた時、
強い力で回らなくなったらそれでいいわけなのです。

特に電動ドライバーを使う方は、
電動ドライバーの「締める強さ」に気をつけてね♪


強すぎると店長たちのように失敗しちゃいますよ!(笑)


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした~♪

タンスなどの家具に耐震金具をつける時に知っておいて欲しいこと。

家具が地震の際に倒れないようにする 「耐震金具」「転倒防止金具」って災害の備えとして重要ですよね。 そんなわけで、そういう金具を取り付ける時に 家具屋の店長として知っておいて欲しいことがあるので タンスを例にポイントを解説。 家具には実は「空洞の部分」があるのです。

ひらた家具店

こちらの記事も店長オススメです!

  • 3999
  • 35
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード