ソファーの脚、グラグラしてませんか?

ソファーには「脚」があるんですね。

普段、あまり気にしないところなので
「脚なんかあったっけ?」と思う方も多いんじゃないかと思います(笑)

その脚なんですが、長く使っていると
ゆるんでグラグラになっちゃっていることがあるんです。
締め直すことで長く快適にお使いいただけますよ!というのが今回のお話♪

  • 5377
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



さてさて。
今回はソファーのお話しますね~。


ソファーって長くお使いいただいていると
「ソファーの脚」がゆるんでくることがあるんですね。

なので、ゆるんでグラグラしている脚は
締め直してあげると、安心して長くお使いいただけますよ~!
っていうのが今回のお話です♪


店長が指さしているところが「ソファーの脚」です。
普段はあまり意識して見ないところですよね(笑)


脚には大まかに「4つのタイプ」がある。

ソファーの脚って普段、あまりじっくり見ないところですよね(笑)
そんな「ソファーの脚」には大まかに4つのタイプがあるのです。


①黒い脚が打ち込まれているタイプ
②黒い脚がネジで固定されているタイプ
③脚そのものがねじ込み式になっているタイプ
④脚がネジなどで固定されているタイプ

この4つです♪


ちょっと順々に写真で見てみましょうね~。


①黒い脚が打ち込まれているタイプ

「①黒い脚が打ち込まれているタイプ」ってのがこちら。
ソファーをひっくり返している写真です♪
外すとこんな感じ。
脚に釘がついていて、それがソファー本体に刺さっているわけなんですね。


②黒い脚がネジで固定されているタイプ

これは「②黒い脚がネジで固定されているタイプ」。
脚の真ん中にネジが見えますよね?
そのネジをゆるめて外すとこんな風になってます。
ちなみに長いネジでしっかり入っているので、めちゃくちゃネジが硬いです(笑)


③脚そのものがねじ込み式になっているタイプ

これが「③脚そのものがねじ込み式になっているタイプ」の写真。
脚に少し高さがあって、ソファーの底に隙間があるタイプ多い脚です。
外すとこんな感じ。
脚に直接ネジがついていて、脚そのものを回すことで付けたり外したりするわけです。


④脚がネジやボルトで固定されているタイプ

最後にこちら。「④脚がネジなどで固定されているタイプ」です。
店長が指さしているところが六角レンチのネジになってます。


これらの4つのタイプの内、
使っている内にゆるんでくるのが
③と④のタイプなんですね~。

長くお使いいただいていると
立ったり座ったりする時の振動で
どうしてもゆるんでくるものなのです。


締め直してあげると安心♪

ゆるんでグラグラになったまま使い続けると
最悪、脚やソファーの底が壊れちゃうことがあるんです。

それに床にも良くはないわけなのです。

なのでたまに締め直してあげましょう♪


③のねじ込み式の脚はこうやって、
④のネジなどのものは工具を使って締めてあげましょうね~。


普段、なかなか気にしない「ソファーの脚」なんですが、
こうやって一年に一度でも締めてあげると安心して長く快適にお使いいただけるんですね。

よかったら試してみてください(*´ω`*)


あ、ソファーを裏返したりする時には
一人で無理にやって腰を痛めないようにしてくださいね~♪


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした!

ソファーベッドをお使いの方にはこちらもオススメ♪

  • 5377
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

ご覧いただきありがとうございます!家具やインテリアの基礎知識や豆知識など、お役に立てる情報を発信できるようにがんばっております。フォローはお気軽に♪こちら、LI…

おすすめのアイデア

話題のキーワード