ひらた家具店が伝授!ネジが回り続けて効かない時の対処方法。

カーテンレールなどを壁にネジ止めする時に、ネジが空転してしまう(効いていない)時ってありますよね。
そういう場合に僕らが実際に使っている対処方法をお伝えします♪

どのご家庭にもあるもので、結構簡単に対処できるんですね。

ただし、壁側が「木」の場合のみ使える方法です。
壁側が石膏ボードだと今回の方法が使えませんのでご注意を。

  • 8734
  • 96
  • 0
  • いいね
  • クリップ

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

主任の平田敬(たかし)です。



今回はですね。

ネジを回しているのに、いつまでも回り続けて締まっていかない状態。
いわゆる「ネジが空転している」状態の時に、ネジが締まるようにする方法を伝授しますよ~。
(そういうのを「ネジが効かない」とも言いますよね)

主任たちが普段、カーテンレールを付け直す時などに実際に使っている方法なのです。

↑ 例えばこういう感じで、壁からカーテンレールが外れている時に。
同じネジの穴に、もう一度ネジを打っても効かない時の対処方法のお話し。

穴が広がってしまうとネジが効かない(締まらない)。

今までネジが入っていた穴に、もう一度ネジを打った時って、
穴がネジよりも大きくなっていたりしてネジが効かない(ネジが空転する)時があるわけです。

他の場所にズラして新たに穴を開ければ話は早いんですが、そうもできない時もありますよね。
マンションなど、賃貸住宅に住まわれている方はそうかと思います。

↑ 今までネジを打っていた場所にもう一度打ちたいんだけど…。
でも、穴が広がってネジが効かない…という場合に便利な技です♪

ご家庭にあるコイツに活躍してもらいましょう!

↑ どのご家庭にもきっとある「つまようじ」様。

今回はこのつまようじ様が大活躍します。
(マッチの棒でも大丈夫です♪)

「つまようじ」をネジが入っていた穴に入れます。

こんな感じでつまようじを穴にインする。


奥まで入ったら…

↑ つまようじを穴に入れたまま、左右どちらかに倒します。

つまり折ってしまいます。

つまようじを左右にグリグリと倒していると、
こんな感じで穴の中に、折れた部分のつまようじが残ります。


これで下準備はオッケーですっ!!

あとは簡単♪

↑ あとはこんな感じに、折れたつまようじと一緒にネジを打ちます。
これで、「今まで使ってたネジ」で空転せずにしっかりと締まります。



ネジがゆるんでいて空転している場合は、
この方法で直すことができるわけです。

写真の穴は小さいのでつまようじ様は一本で足りましたが、
穴がもっと大きい場合はつまようじ様を2本、3本と使ってから同じように打てば大丈夫ですよ~。


今回はカーテンレールが外れたり、ゆるんだりしたものを直すのを例にしましたが、
この方法でカラーボックスなど、家具のネジがゆるんでいるものを直すこともできます。

家具などのネジが空転する場合は、とりあえず「つまようじ」を入れてみましょう(笑)

最後にちょっとご注意♪

今回のこの方法で、ネジの緩みなどを直す場合。
一番最初の写真のようにネジを打つ相手が、直接「木」じゃなければなりません。

つまり、壁紙を貼っている部分の壁(石膏ボード)の穴だと、その石膏ボードがつまようじよりも柔らかいので全然効き目がないです。
(石膏ボードとは、穴の中から白い粉がいっぱい出てくる壁のことです)

もし、その石膏ボードの壁でネジを打ち直したい場合は、
今まで入っていたネジよりも「長いもの」を使いましょう。
壁紙の下の石膏ボードは3~5センチくらいの厚みがありますので、
短いネジだとそもそも石膏ボードを貫通して木材まで届いていない場合があるんですね。

可能であれば穴をズラして新たに打ち直したほうが良いかもしれません。
(その時は壁の中(石膏ボードの奥)に木材が入っているか確認しましょうね!)



最後はエラく長い注意でしめることになりましたが、今日はこの辺で(笑)

石膏ボード以外なら結構応用の効く技なので、
何かの時に役立ててみてねっ!


主任でした~♪

  • 8734
  • 96
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード