タンスなどの取っ手が「もげちゃった」時の対処法。

タンスなどの家具についている「取っ手」って
長くお使いいただくと取れちゃうことがあるんですね。

そうやって取れちゃった「取っ手を直す方法」、
というのが今回のお話。

お役に立てると幸いです♪

  • 3332
  • 32
  • 0
  • クリップ

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



タンスとかの家具の「取っ手」って、
長く使うと取れちゃったりしませんか?

引っ張った時にスポーンと取っ手が
「もげちゃう」ってことあるんじゃないかと思うわけなのです(笑)


今回はそんな時にお役に立てそうな
「取っ手を直す方法」についてのお話です♪


そんなわけでタンスの取っ手のアップ写真。

もうちょっと離れた写真。
特に片側だけを持って引っ張ると取れやすくなりますのでご注意を(笑)


取れた「取っ手」をよく見てみましょう♪

まずはこちらの写真をご覧くださいな。

引き出しからもげちゃった取っ手とその金具。


上の写真には「木製の取っ手」と
金色の「小さな金具」が写っていますよね?

写真には写っていないですが、
「小さな金具」にネジが入ることで
取っ手を引き出しに固定しているのです。


その小さな金具はギザギザがついていますよね?

このギザギザが木製の取っ手に食いついていることで
取っ手がスポーンと抜けないようになっているわけなんです。


ですが、長く使っていると木が少しずつ削れてしまって
このギザギザでは取っ手を固定できなくなっちゃうことがあるんです。

それで引っ張った時にスポっと抜けてしまう、というわけ。


ご家庭にあるもので直すことができます♪

金具が取っ手からスポっと抜けてしまう原因は
取っ手の中の「木が削れてしまったこと」なわけなんです。

そんなわけで。


その原因を直すために「つまようじ」をご用意ください。

それと木工用ボンドとカナヅチも♪


つまようじを取っ手にこんな風に入れます。


取っ手の穴につまようじを入れたら
「つまようじを左右に倒して」ください。

すると…

つまようじが折れて、取っ手の中に折れた部分が残っています。


こんな風に取っ手に入っていた部分が折れて、
取っ手の穴の中に「つまようじが残る」わけです。

この時、取っ手の穴からつまようじが飛び出しちゃっていても
少しなら気にしなくて大丈夫♪


こうやって「つまようじ」を使って、
取っ手の削れた木の代わりをしてもらうわけなんですね。

実はこの方法、他にも使えまして…

ひらた家具店が伝授!ネジが回り続けて効かない時の対処方法。

カーテンレールなどを壁にネジ止めする時に、ネジが空転してしまう(効いていない)時ってありますよね。 そういう場合に僕らが実際に使っている対処方法をお伝えします♪ どのご家庭にもあるもので、結構簡単に対処できるんですね。 ただし、壁側が「木」の場合のみ使える方法です。 壁側が石膏ボードだと今回の方法が使えませんのでご注意を。

ひらた家具店


家具やカーテンレールなどを取り付ける時、
ネジが空転して固定できない、という場合にも
つまようじを使うと固定できるようになるんです。

それを以前にもご紹介していたんですね♪

(ネジの空転に困っている方は以前の記事をのぞいてみてね~)


小さな金具を取っ手に戻しましょう♪

取っ手の穴の中に、無事につまようじの先端を入れたら、
次に「小さな金具」を取っ手に戻していきます。


こういう状態で穴に戻していくわけですが…


小さな金具を入れる前に、
取っ手の穴に木工用ボンドを入れておくことをお忘れなく♪

つまようじだけでも抜けにくくなるんですが、
木工用ボンドを入れて固定することで、より安心になりますよ~!


ボンドを入れた後に、小さな金具を入れた図。


小さな金具を入れる時には手では無理ですので、
取っ手の穴に金具をあてて、カナヅチで叩いていれましょう。

この時、手を叩かないようにご注意を♪


きちんと金具が入ったらあとは引き出しに戻すだけ。


しっかりと金具が戻ったら、
引き出しに元通りにネジで固定しちゃいましょう。


直した取っ手は一日くらい放っておきましょう♪

無事に取っ手を直して、引き出しに元通りに直したら…

間違っても「どれどれ。ちゃんと直ったかな?」と
取っ手を引っ張っちゃいけませんよ!(笑)

ボンドはしっかり固まるまで時間がかかるので
最低でも12時間、できれば一日くらいは
引っ張らずにボンドが固まるのを待ちましょう!


しっかりと固まったら今まで通り使えるはずです。

ちゃんと直っているはずですが…
なるべく優しく使ってあげてくださいね(笑)



さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした~♪

古い家具の大きなキズを「補修用ペン」でどこまで補修できるか試してみた♪

家具などの木製品の小キズなどが気になる、ってことありませんか? そんな時に便利なのが「補修用のペン」なんですね。 そういうのホームセンターさんなんかで売っているのです。 そんな補修ペンの実力を試すべく、 古い大きなキズがついた家具の補修にチャレンジしてみた、 というのが今回のお話しです♪

ひらた家具店

こちらの記事も店長オススメです!

  • 3332
  • 32
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ