濃厚ショコラマドレーヌレシピ~普段のおやつにぴったり♪混ぜるだけの簡単レシピ~

寒くなってくると無性に食べたくなって来るのがチョコレート。
今回は生地にチョコレートを混ぜ込んだ濃厚なマドレーヌのご紹介です。本格的でおいしいチョコレートの焼き菓子も、実はおうちで手軽に作れてしまうんですよ。ぜひ作ってみてくださいね♪

  • 45551
  • 474
  • 0
  • クリップ

普段のおやつにぴったりなマドレーヌ

こんにちは。
山羊座(*´`*)です。
今回はおやつにおすすめのマドレーヌのレシピをご紹介します。
さっと作ることができるマドレーヌはケーキのような華やかさはありませんが、何気ない日常をちょっぴり彩ってくれること間違いなし!
それではさっそく作っていきましょう♪

材料(マドレーヌ型 約14個分 )

・全卵──120g(Lサイズ2個分)
(※室温に戻しておきます。)
・グラニュー糖──110g

A
・薄力粉──110g
・アーモンドパウダー──30g
・ココアパウダー──30g
・ベーキングパウダー5g
※合わせて網でふるっておきます。

B
・バター──110g
・クーベルチュールチョコレート(カカオ55%)──60g
※合わせて湯煎で溶かしておきます。

市販の板チョコレートでもお作りになれますが、味がぼやけてしまうので、より美味しく作りたい場合は製菓用のクーベルチュールチョコレートがおすすめです。

作り方

①全卵にグラニュー糖を加えてよく混ぜます。
この時、温めの湯煎などで温めるとグラニュー糖が溶けやすくなります。

②Bのチョコレートとバターを合わせて50℃くらいの湯煎で溶かします。
熱すぎる湯煎で溶かすとチョコレートの成分が変質し、風味や口当たりが悪くなってしまうので、低めの温度でゆっくり溶かすのがポイントです。

今回は予めフレーク状になっているチョコレートを使用しました。大きい塊のものは刻んでから溶かすと作業性が良くなります。

③網でふるったAの粉類を加えて粉っぽさがなくなる程度にさっと混ぜ合わせます。

④溶かしたチョコレートとバターを加えて艶が出るまでよく混ぜます。
これで生地の出来上がりです。
生地を休ませなくても焼くことが出来ますが、もし休ませる場合には冷蔵庫には入れず、15℃くらいの室温に置いて休ませてください。

焼成

マドレーヌ生地を型に入れて焼いていきます。
オーブンは180℃に温めておきます。
※型には予めスプレータイプのオイルを振りかけておきましょう。こうすることで型離れが良くなります。
(お持ちでない方は溶かしたバター等を刷毛で薄く塗っても構いません。)

生地を型の8分目くらいまで入れたら180℃のオーブンで15分前後焼いていきます。
焼き始めると生地の中央が膨らんでおへそが出来ます。
焼けたらオーブンシートの上に出して冷まします。

保存方法

密閉容器に入れて冷蔵庫で3~4日程度は日持ちします。(なるべくお早めに召し上がってくださいね。)
また、焼き立てはさっくり、ふんわりとしていますが、数日置くとチョコレートの作用で生地がしっとりとして来ます。手作りならではの食べ比べも楽しみのひとつですね♪

まとめ

いかがでしたか?
マドレーヌは材料を混ぜて、焼くだけのシンプルな焼菓子なので、思い立ったらすぐに作ることが出来ます。この冬のおやつにぜひ作ってみてくださいね♪
これからも美味しいアイディアをアップしていきますのでよろしくお願いします(*´∀`)ノ

  • 45551
  • 474
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード