「リンゴが赤くなるとお医者が青くなる」そんなリンゴ使いでとっても美味しい『アボカドりんごの生春巻』

エビにアボカド、水菜、パクチーなど、定番の生春巻具材は色々ありますが
決まりなんて特に無いもので、美味しい組み合わせを見つけて
美味しいタレで頂いたら、みんな大好きの生春巻き♪

簡単で、火もほとんど使わなくってもよくって
しかも食卓に花をもたせてくれる、生春巻き!

今日は、そんな生春巻を、自家製のタレと
リンゴのさわやかさで、美味しく作っちゃいます!のご紹介です~♪

  • 3110
  • 17
  • 0
  • クリップ

アボカドりんご生春巻き いかがでしょうか?

生春巻きって急に食べたくなるのですが
エビとかパクチーとか、定番の材料がないから作れない・・・なんて!
とっても勿体無い話で!
生春巻きで大事なのは、美味しいタレと、もっちもちの生春巻き皮!

例えば、
お家にあるもの何でも活用して、美味しい組み合わせを探すのもまた楽しいものです。
甘すぎない自家製のタレをかけて、出来立てモッチモチの皮の美味しさを
どうぞ味わってくださいませ~♪

アヒージョオイルを使って

小さいしいたけ を焼きます。
・小さいしいたけ、10個 
(スライスマッシュルームなど、食べやすいきのこでもOK)
・オリーブオイル  で、焼きますが
このオリーブオイルは、前の日のアヒージョの「美味しさが詰まったオリーブオイル!」
(旨味があるし、勿体無いので使います♪ )

両面シッカリと焼いて、取り出して冷ましておきます。
(旨味のオリーブオイルのない方は、・味の素2振りくらい、・醤油小さじ1で味付け)

りんごを切ります

・りんご、半個   皮を剥いて千切り

このリンゴは、
光センサーで糖度を計った「真の実(まのみ)光選のりんご」というりんごですが
糖度が高く、りんごの味もしっかりしていて、千切りにしてそのまま使っても
黒くなりにくいのが特徴です。

普通のりんごの場合、千切りにしてから、サッとレモン汁で和えておくと
きれいな色のまま使えます。

アボカドを切る

このアボカドは 真の実(まのみ)アボカドと言いまして、
黒くなりにくいアボカドで! いつも食べごろで届くので、
ビニールに1個ずつ入れて冷蔵庫の野菜室で保存すると、
2週間は余裕で食べごろが続く! 旨味の濃い最高アボカドです。

普通のアボカドの場合は
切ってから、サッとレモン汁をかけておくと黒くなりにくいです。

・アボカド、1個  タテ半分に切って種と皮を取り除いて
斜め45度にスライスしておきます。
(そうすると、スライスの大きさにさほど違いがなく切れます。)

用意した具材

・オリーブオイルで焼いた小さいしいたけ、10個
・アボカド、1個  タテ半分に切って種を取り除き、斜め45度にスライス
・千切りリンゴ、半個分
・スモークサーモン、 細切れ  1つかみ程度

ライスペーパーを柔らかく

・ライスペーパー、5枚
1枚ずつ、水で濡らして柔らかくしますが

ライスペーパーは、結構枚数が多く袋に入っているので
食べ切れない分は、密閉できるビニールなどにいれて保存します。

製造日から近いものは、霧吹き程度で柔らかくなるのですが
日にちの経っているものは、タテにして水道の流水にしばらく当てて
濡らして絞ったキッチンペーパーの上に置いて作業をします。
(1枚、捨てライスペーパーとして、どれくらいの水分で、
 どれくらいの時間で柔らかくなるか、テストすると失敗がありません。)

具財を乗せる

・しいたけ ・リンゴ ・アボカド と乗っけて
・マヨネーズ、ビームにして細く適量
を、かけますが

リンゴは、水分を多く含むので
真ん中に来るように盛り付けて巻きました。

追加で具財を乗せる

・しいたけ、りんご、アボカド 
を、一巻きしてから、
・サーモン を置いて
ライスペーパーの両端をたたんで、くるくると巻いて

巻き上がり

外側から見て色合いがキレイなように巻いたら
これを、5本作りまして
濡らしたから絞った、キッチンペーパーの上に置いて
お皿にくっついてしまわないように、乾燥しすぎてしまわないようにします。

作ってから食べるまでの時間はなるべく短めに

食べるまで、濡らして絞ったキッチンペーパーを上にもかけて
乾燥するのを防ぎます。

あまり長い間この状態で置いておくと、
むっちりのライスペーパーがドロっとしてくるので
長くっても、食べる30分前くらいに巻くのがオススメです。

もちろん、巻いてすぐ食べるのが一番です。

生春巻きタレ を作る

スイートチリソースベースのタレ を作ります!

・スイートチリソース、大さじ1 (会社によって辛さが違うので加減!)
・レモン汁、大さじ1
・薄口醤油、小さじ2
・ハチミツ、大さじ1
・酢、大さじ1
・生姜汁、小さじ1強
・塩、1つまみ
シッカリ混ぜて、待機しておきます!

テーブル

この日は、主人の昼食の時間が、大幅の遅れたということなので
あまり食欲がないと申しまして、
生春巻き以外では イオンのローストビーフだけで
お湯割りの焼酎とともに、いただきました。

1本を4つに切って

キツキツに巻く生春巻きが、好きではないということなので
ふわっとだけれど、崩れないくらいの力加減で巻いてあります。

切り分ける時は、包丁を濡らして切ると、くっつかないで切りやすいです。

5本作った生春巻きですが
各4つに切り分けて、切り口を上にして盛り付けます。

取り分けて、タレをかける

美味しいタレなので、たっぷりとかけました。

主人は、見た目で、リンゴをタケノコと勘違いしていましたが
食べて、その食べやすさに、大喜びでした。

もっちもちの生春巻きの皮の食感と
シャリシャリのリンゴのみずみずしさと
しいたけの旨味と
スノークサーモンの塩っ気と風味
アボカドのクリーミィーな濃厚さとが
ほんの少しのマヨネーズ
で、まとまって後を引く美味しさになりました。

リクエスト

食べている途中に、
もう次の時の生春巻きのリクエストをもらいました。(笑)

お昼ごはんが遅くって、そんなにお腹が空いていないと言っていた主人でしたが
ぺろりと食べてしまいました。

まぁ、ヘルシーな献立でしたので、良しとしましょうか(笑)

色んなバリエーションの生春巻きがあっていいと思います。

これなら、パクチーが苦手な方でも
美味しく召し上がって頂けるかと思います。

美味しい「生春巻き」と、
美味しい「自家製生春巻きのタレ」のご紹介でした♪

  • 3110
  • 17
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ