「材料投入するだけ」なのに絶品!ヘルシーな自家製ツナの作り方

おうちごはんが「とにかく簡単」に「おいしく」作れたら、いうことなしですよね。しかも、体にやさしく、添加物や余計な味付けも一切なし。子どもにも安心して食べさせられるもの、が良いですね。
そこで!色々なメニューにアレンジできる、とっても便利なとっておきのレシピをご紹介します♪常備菜としてもおすすめです。

  • 1102
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

サラダやパスタ、おにぎりや和え物、
ピザやサンドイッチ、チャーハンなど、
いろんなお料理に使えて、
嬉しい高たんぱく&低糖質。

作り置きにおすすめなおいしい一品です。

オイルまでおいしい、かんたん自家製ツナ

材料

・マグロ刺身 柵  180g

<下味用調味料>
・塩(マグロの1%)  1.8g
・オリーブオイル  大さじ2
・タイム  1本
・にんにく  1かけ
・ブラックペッパー(ホール)  10粒
・ローリエ  1枚

<下処理用ブライニング液>
・水  400cc
・塩  9g
・砂糖  小さじ1/2

一食あたりの栄養素

低糖質レベル「★★★」(一食:糖質5g以下)

カロリー:172 kcal
糖質:1.2 g
タンパク質:15.9 g
脂質:10.9 g
食物繊維:0.1 g

作り方

1. ボウルに下処理用のブライニング液を作り、よく混ぜる。
マグロを入れて冷蔵庫で20分ほど寝かせたら流水で洗い流し、水気を押さえる。

2. にんにくは包丁の背で潰し、ローリエは半分に折る。
フリーザーバッグに下味用の材料をすべて入れ、よく馴染ませる。
マグロを加え、バッグの上から手でよく馴染ませる。
時間があれば半日、時間がない場合は1時間程度、冷蔵庫で寝かせる。

3. BONIQを63℃ 0:35(35分)に設定する。
(食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。)

4. BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。
(この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。)

5. BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら取り出してバッグごと氷水で急冷し、中まで完全に冷却する。スライスして出来上がり。

タイム、にんにく、ローリエ、ブラックペッパーなしでも、
おいしくできちゃいます^^

新鮮なマグロのお刺身に、
わざわざ火を入れてまで自家製ツナを作る・・・?

マグロはマグロの刺身で食べたい!
と思うところですが、
このツナの仕上がりには衝撃!

これまで食べたことがない、
しっとりと甘みまで感じられる深い味わい。
すごくおいしいです。

新鮮な刺身をわざわざツナにする価値があるんです。

「低温調理ってなに?」
いいことづくしの低温調理。

使い方やメリットなどをかんたんにまとめていますので、
ぜひご覧いただけたら嬉しいです^^

公式レシピサイトで、レシピ詳細、栄養価、
栄養アドバイスなどを掲載しています。

ぜひ遊びにきてくださいね!

「オイルまでおいしい 自家製ツナ」レシピ動画


LIMIAからのお知らせ

【楽天スーパーSALE x GoToトラベル】半額商品が満載!今すぐスーパーSALEクーポンをGET!

GoToトラベルで最大50%お得✨
「楽天トラベル」ならクーポン併用最大2枚まで可能。さらにポイントキャンペーンも開催中!
楽天ポイントも貯まる!プラン・リーズナブルから高級まで楽天限定プランも続々!

  • 1102
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

国内No.1低温調理器「BONIQ(ボニーク)」で、おいしく、高栄養で、ヘルシーなおうちごはんを、簡単に。タンパク質を破壊しない「低温度帯」で調理することで、硬…

おすすめのアイデア

話題のキーワード