キンカンを食卓に上手に取り入れる!ぱぱっとできる「白菜とキンカンのさっぱり漬け」

取り置いていた白菜もそろそろ新芽が葉っぱの間から出てきて
外側の葉の真ん中が茶色くなったりするものも出てきます。
でも、緑の部分の葉っぱは元気、捨てたくない!
そこで、白菜の大丈夫だったところだけを使って
彩りも綺麗、香りも良いキンカンと合わせてお漬物を作りました♪

  • 2260
  • 26
  • 0
  • いいね
  • クリップ

とっても美味しい即席漬けをどうぞ

美味しいお漬物があったら、それだけで
ご飯がすすむとおっしゃる方も多いと思います。
このお漬物は、ご飯がなくてもすすんじゃう、
そんなサラダ感覚の美味しいお漬物です。

もちろんご飯がすすむこと請け合います。

白菜の葉っぱ

大根なども時間が経つと「す」が入るように
白菜にも「す」が入ります。
「す」が入ったところは、カスカスになるだけでなく
その白い部分が茶色くなって、とても食べられたものではありません。
ですが、その茶色くなった白い部分に付いている葉っぱは
まだみずみずしくて、食べることのできる時があります。
そんな葉っぱ部分を使って、おいしいお漬物を作ります。

・一口大に切った白菜葉っぱ部分、26cmボールに半分程度
・塩、小さじ2
下からすくい上げるようにしながら、塩を全体にまぶします。

キンカン

白菜を塩で馴染ませている間に、一緒に漬けるものの準備です。
・大ぶりのキンカン、3個

手のひらに3個でいっぱいになるくらいの大ぶりです。
よく洗って、ヘタを取り除いておきます。

キンカンはスライス

皮を食べるキンカンですが、今回はタネ以外全部使います。
各、ヨコに薄くスライス。タネが出てきたら包丁の先で取り除き
最後まで薄くスライスします。

・みりん、小さじ1.5
・薄口醤油、小さじ1.5
・三温糖、小さじ1.5
・酢、小さじ1.5
・昆布だし顆粒、小さじ半分
・塩、小さじ1.5弱
・ぬるま湯(人肌程度)、カップ半分

切ったキンカンと、一緒に用意します。

漬けダレ

白菜の嵩(かさ)

タレの準備をしている間に、白菜の嵩(かさ)が半分ほどになりました。
ここに、白菜の高さと同等になるくらいの水を入れて
ササッとかき混ぜて、すぐに両手で水気をしぼって別のボールに入れます。

馴染ませ役

・用意したタレの材料、全部
・切ったキンカン  を、
・搾った白菜  の、ボールに入れて
味ムラができないように、しっかりとかき混ぜて
・はちみつ、小さじ1
も、全体に馴染ませます。

はちみつは、マイルドにするだけでなく
材料それぞれの味わいのつなぎを良くしてくれます♪

保存容器で保存

もう、すぐにでも食べられるのですが
保存する場合は、フタ付きの保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

たっぷりいただける美味しいお漬物なので
すぐになくなっちゃうと思いますけど(笑)

実食

とっても春らしい、見た目もキュートなお漬物!
香りも良くって、次から次にお箸が伸びます。

さっぱりとして、香りも良い、素材の旨味もしっかりの
ちょっとおしゃれなお漬物です♪

即席漬けは、何でもできますが
今の季節ならではの食材を、上手に組み合わせて楽しみたいですね♪
「白菜とキンカンのさっぱり漬け」でした♪

  • 2260
  • 26
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

主婦

おすすめのアイデア

話題のキーワード