脂ぷるぷるほどける美味しさ♡【自家製茹でチャーシュー】材料を鍋に入れて煮込むだけ!

こんにちは!ドイツ在住の料理研究家アンナです。

表面を焼いたりせずただ材料を鍋に入れて煮込むだけでできちゃう茹でチャーシューのレシピです。

漬け汁はしっかり濃厚なので、味がきちんと染みてほろほろとろとろのチャーシューに仕上がります。
漬け汁は薄めればそのままラーメンのスープにもなりますよ^^

鍋でコトコト茹でるだけの簡単レシピ♪
ぜひ作ってみて下さいね!

  • 11389
  • 63
  • 0
  • いいね
  • クリップ

自家製茹でチャーシュー

♡材料(作りやすい分量)

豚肉・・・約1.4㎏
水・・・900ml
醤油・・・200ml
ポルト酒・・・25ml
キビ糖・・・大さじ2
にんじん・・・1本
ネギの青い部分・・・1本分
干しシイタケ・・・2個
生姜・・・2かけら
ローリエ 2枚

♡作るときのポイント

★豚肉がつかるくらいの鍋の深さで作ってくださいね
★皮は煮込むことで柔らかくなり食べられますが、気になる場合は取り除いても大丈夫です。
★ポルト酒は酒とみりんで代用できます。半量ずつ計25mlになるように代用して下さい
★今回は糸が巻いてあるお肉を使用しました。巻いてない場合はお肉が荷崩れしないようにタコ糸などで数か所縛ると安心です。

♡作り方

1.にんじんは横半分に切り、縦半分に切る。生姜は厚めの輪切りにする。

2. 材料を全て鍋に入れて火にかける(中火~強火)。沸騰してきてアクが出たら取り除く。

3.引き続き中火~強火で1時間~1時間半ぐつぐつと煮込む(吹きこぼれない程度の火加減で)。蓋を閉めたまま火をとめて一晩漬けておく。翌日また沸騰まで加熱して温めたら出来上がり!
麺にトッピングしたりして召し上がれ~♡

最後に

自家製茹でチャーシュー、いかがでしたか?
煮込んだ後そのまま一晩漬けておくことで、味がしっかり染みて予熱でほろほろ柔らかくなります。
ラーメンはもちろん、うどんに添えたりご飯のおともにしたり。
一度作っておくと便利です。

余った煮汁は冷蔵庫でも5日はもちますし、冷凍庫で保存もできます。
ラーメンのスープ以外にも、そのまま煮卵を作ったりお料理の隠し味に使ったりできるので無駄になりません♪


ブログには毎日お料理のことを書いています。
よかったら遊びにきてくださいね^^

ドイツはハンブルクの屋外市場、isemarkt(イーゼマルクト)に行ったときのレポ動画です♪

  • 11389
  • 63
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

ドイツ在住の料理研究家アンナです^^お越しくださってありがとうございます♡「世界中で出来る手作りごはんのある暮らし」をモットーに、特別な日に作る特別な料理ではな…

おすすめのアイデア

話題のキーワード