【野菜のきほん #1】甘くてみずみずしい!大根1本丸ごとおいしく食べきる方法

「野菜のきほん」は、おなじみの野菜をおいしく食べるコツを、料理のプロに教えてもらう連載企画です。1月の野菜は「大根」。正月が明けて寒の入りを迎えたころから、甘みとみずみずしさがグッと増します。全5回でお届けする第1回目は、どっしり太った大根を、丸ごと1本おいしく食べきる方法をご紹介します! 教えてくれたのは、フードコーディネーターのタカハシユキさんです。

  • 32949
  • 261
  • 0
  • クリップ

味わいの違う「3つの部位」に分けて楽しむ!

みなさんは大根を丸ごと1本で買ったとき、なんとなく上のほうから使っていませんか? 実はその使い方は間違い。もっと大根のおいしさを堪能できる方法があるんです!

その方法とは、葉つき大根を1本買ってきたら、葉っぱの根元を切り落としてから、「上部」「真ん中」「下部」の3つに分けること。

大根は部位によって味わいと食感が違います。だから面倒に思えても3つに分けて料理することで、部位ごとのおいしさが堪能できるんです。また大根の「葉」と「皮」を捨てる人が多いのですが、旬の時期はやわらからいのでおいしく食べることができます(詳しくは5回目でご紹介します)。

それでは、部位ごとの特徴と食べ方をみていきましょう。

「上部」ほど甘いが固い。サラダやおろしなど生食に

大根は上部ほど甘いのですが、水分が少なく食感が固め。薄い緑色をしているのは土から出て育った部分で、皮は固くてぶ厚く、苦みがあります。

【おすすめの食べ方】
甘いのでサラダや漬けものなど生食に。また、食感が固めなので、いちょう切りや大根おろしにすれば、繊維が切れてやわらかく食べられます。

「真ん中」はみずみずしさ抜群! サラダから煮ものまで

大根のなかでいちばん水分を含んでみずみずしく、やわらかい部位です。皮は白色でやわらかく苦みがありません。

【おすすめの食べ方】
おでんやふろふき大根など煮ものに最適。サラダにするなら、繊維に沿って切るとみずみずしさがほどよく残り、シャキッとした食感に仕上がります。

「下部」は筋が多くやや辛い。きざんで加熱かおろしに

先端の根に近いほど、筋が多く辛みが強くなります。辛いといっても夏の大根に比べると、冬の大根は辛みがやさしくふっくらしていて食べやすいです。

【おすすめの食べ方】
真ん中より筋っぽいので、細切りやいちょう切りなどにして、みそ汁や炒め煮など加熱におすすめ。また辛みを活かした大根おろしやなますなど、生食にしても。

おまけ:大根の選び方と保存方法

◆大根の選び方
葉がピンと伸びて、色が白くなめらかでハリと光沢があり、ひげ根がなく尻尾が長すぎないもの。持つとずっしり重さが水分をたっぷり含んでいます。縦に並んだ毛穴が真っ直ぐなら辛みが弱く、ねじれているとやや辛みがあります。

◆大根の保存方法

葉の根元を切って、新聞紙やラップにくるみ冷蔵庫か冷暗所に保存します。葉がついたままだと、大根の水分や養分を吸い上げてスカスカになってしまいます。

寒さの中でたくましく育った冬の大根。1年でいちばんおいしくて値段も安いこの時期に、1本丸ごと余すところなく堪能しましょう!

●料理・スタイリング タカハシユキ
フードコーディネーター。書籍、雑誌、WEBメディア、広告・商品開発で活躍。食材を活かしたシンプルな調理、体がよろこぶメニューに定評がある。

●撮影 南雲保夫 
●構成・文 松本いく子
●参考図書 『野菜の選び方、扱い方。』(MARBLE BOOKS刊)

【野菜のきほん #3】煮るのは5分!大根おでんに味を染み込ませる3つのコツ

身近な野菜をおいしく食べるコツをプロが教えるシリーズ「野菜のきほん」。1月の野菜は「大根」です。冬本番になると甘みがグッと増してみずみずしいんです! シリーズ3回目はおでんに代表される大根の煮ものに、正しく味を染ませる方法をご紹介します。教えてくれたのは、フードコーディネーターのタカハシユキさんです。

LIMIA グルメ部

【野菜のきほん #2】大根のおいしさが広がる4つの切り方。シャキ、パリ、ポリ、ふわっ

ご家庭でおなじみの野菜をおいしく食べるコツを料理のプロに習ってお届けする「野菜のきほん」シリーズ。1月のテーマは「大根」。いよいよ寒くなるこの季節に、甘みとみずみずしさがグッと増すのです。2回目は大根のいろいろなおいしさが楽しめる「4つの切り方」をご紹介します! 教えてくれたのは、フードコーディネーターのタカハシユキさんです。

LIMIA グルメ部

【野菜のきほん #4】やわらかジューシーな大根の煮もの。早く作れる切り方は?

「野菜のきほん」は、食卓によく登場する野菜をおいしく食べるコツを、料理のプロに教えてもらうシリーズ。1月の野菜は「大根」。寒さが深まるとともに甘みとみずみずしさがグッと増しておいしいんです! シリーズ4回目は大根の煮ものを早く作るコツをご紹介。教えてくれたのは、フードコーディネーターのタカハシユキさんです。

LIMIA グルメ部

【野菜のきほん #5】捨てちゃもったいない! 大根の葉、皮、おろし汁をおいしく食べるコツ

おなじみの野菜をおいしく食べるコツを料理のプロに教えてもらう企画「野菜のきほん」。1月のテーマである「大根」は、寒くなるにつれ、甘みとみずみずしさが増す野菜です。5回目は大根の葉、皮、おろし汁をおいしく食べる方法をご紹介! 教えてくれたのは、フードコーディネーターのタカハシユキさんです。簡単レシピもお見逃しなく。

LIMIA グルメ部
  • 32949
  • 261
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー