もうお水は流れない!簡単なキッチンオキシ漬けのお水のため方

毎日使うキッチンは、徐々に霞んできてしまいますよね。そんなキッチンには大人気のオキシクリーンを!お水を溜める方法もお伝えしたいと思います。

  • 384143
  • 5589
  • 18
  • いいね
  • クリップ

大人気のオキシクリーン。インスタでも検索されるオキシ漬け。試されたことありますか??
一度試すと、その素晴らしさにハマる人多数!月に一度、オキシ漬けをやってキッチンを綺麗にされてる方多いですよね!

でもいざやってみると、あれ?綺麗にならない。泡立たない。浸けたた水が抜けてる!なんてことも。

でも一度手順を覚えてしまえば次回からはとっても楽にできるので、その手順をご説明致します。

まずはじめに、オキシクリーンとは?

オキシクリーンとは簡単に言うと『漂白剤』。漂白剤の中でも酸素系の漂白剤になります。

酸素系漂白剤は漂白剤だけど酸素の力で汚れのみを分解して落とすので色柄ものにも使えるのが特徴です。


そしてアメリカ製と日本製の2種類あり、コストコで買えるアメリカ製のオキシクリーンによって人気が出ました。

この2種類の効果はさほど変わりませんが、アメリカ製のオキシクリーンは界面活性剤が入っているので泡立ち、日本製はこの界面活性剤が不使用の為泡立ちません。

ですので、よく見かける泡泡のオキシ漬けをやりたい方はアメリカ製のオキシクリーンを買うといいと思います。

オキシ漬けスタート!の前に注意点

シンクの中に綺麗にしたいものを並べていきます。

フライパン、包丁、スポンジ、布巾、五徳、換気扇etc 色々なものを入れることができますが、
注意しておきたいことが、金属は基本ステンレスのみ!塗装された金属やテフロン加工されてもの、スチール製のものはNGなので気をつけましょう!



お水のため方

お水をこれから溜めるのですが、水栓は不要です!

これを使います。

ビニール袋!

スーパーなどに置いてあるもので大丈夫です。

これにお水を入れて、お水が流れないように結びます。

お水の量はご家庭の排水溝の大きさで調整してくださいね!

こんな感じになりますが、できる限りビニール袋内の空気を抜いて封をするのがポイントです、

空気が多いと後から溜める水によって持ち上がってしまい、お水が流れてしまいます。

準備が整ったらいざオキシ漬け!

オキシクリーン付属スプーン1、2杯入れます。

そのあとは40〜60度のお湯を勢いよくジャーーーーと流し入れるのみ。

勢いよく入れないと泡立ちが悪くなります。

シンクいっぱいいっぱいにお水を溜めましょう!

プラスαのオキシ漬けもやりましょう!

せっかくシンク内やキッチンツールか綺麗になるのであればほかのところも一緒に綺麗にしましょう!

先程溜めたオキシ水にキッチンペーパーを浸し、ワークトップに貼り付けてます。

こんな感じになります。

あとはこの状態で2時間〜6時間放置します。

オキシクリーンは6時間経ってしまうと効果を発揮しなくなるのでそれ以上漬けても意味がありません。

仕上げに

漬け終わったら、キッチンペーパーを取り、シンク内のお水を流します。

オキシ漬けしたキッチンツールはスポンジで軽く擦りながらお水でしっかり流します。

ワークトップはパストリーゼで拭きあげます。

ぴっかーん!!

新品同様な輝きを取り戻すことができます。

シンク内のくすみもびっくりするくらい無くなります。

1度やり方を覚えてしまうと次回からはとても楽にできるので是非毎日頑張ってるキッチンを綺麗にしてあげましょう。

最後に

オキシ漬けをするタイミングは必ず2時間はキッチンを使わない時にしてくださいね!

お出かけ前やおやすみ前がやりやすいと思います。

ちなみにオキシクリーンはコストコ以外にもインターネットで購入できるのでチェックしてみてくださいね!

Instagram、楽天room もやってます!

  • 384143
  • 5589
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード