話題の”ハッカ油”に”ひば油”をプラスして 最強の虫よけスプレーを作りませんか?

大人気の”ハッカ油”。これだけでも相当な虫よけなのですが、”ひば油”をプラスすることで、もっと気軽に部屋や車の中・衣類にもシューっとできる虫よけスプレーが完成しますよ。

  • 70319
  • 711
  • 2
  • クリップ

ハッカ油とヒバ油の効果って?

まず、今年空前のブームになりそうな「ハッカ油」。

スーっとするミントの香りにより、夏は様々な用途で活躍しそうですね。

特に虫よけという観点からいくと「ハッカ油」の香りが苦手な虫は沢山おり、代表的なところでいくと 蚊、コバエ、ゴキブリ、衣類の虫、ダニ に効果的です。

続いて「ヒバ油」です。

こちらは聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれません。

青森ひばという「自然木」からほんのわずかに抽出されるオイルです。
「ヒノキチオール」が2%含有されていることもあり、様々な用途に使用可能です。

もともとヒバの木は虫よけの効果が非常に高く、神社仏閣の建築資材として重宝されています。
特に、シロアリ、ダニ、蚊、ゴキブリ、ムカデ、コバエ に効果的だそうです。


ハッカ油と比較すると入手しにくいですが、amazonや楽天などで販売していますよ。
価格はハッカ油の2倍くらいです。

虫よけスプレーの作り方

まず、エタノールを20cc入れた容器に、

ハッカ油…20滴
ヒバ油…20滴

を加えて混ぜます。

※写真では量を多く作っています。レシピでは200cc分の液を作ります。

そこに精製水を180cc加えたら完成です。

どんな香り?

ヒバ油の香りはヒノキに似ています。

私は「ログハウス」や「新築の押入れ」の香りだな~と思います。

好きな人も多いと思いますが、我が家の次男のようにとても苦手だという人もいるかと思います。

ヒバ油にハッカ油を混ぜることで、香りが和らぎますので、ミックスさせた方が効果も高く香りも穏やかになりますよ。

デメリットは?

この虫よけスプレーは ハッカ油やヒバ油の香りで虫を寄せ付けないようにしています。
よって香りがしなくなったら効果が無くなります。

家の中にスプレーしたとして、2時間ほど経てば、ほとんど香りはしなくなる、という印象です。
そのときは再びスプレーするようにしましょう。

また、一度生成した虫よけスプレーは次第に香りが薄くなってくるため、我が家では2日以内に使いきるようにしています。


さらに、猫を飼っている場合は使用しないようにしてくださいね。

収納方法は?

夏になると3日に1回は虫よけスプレーを作る我が家。

置き場所はキッチンのシンク下です。
コバエ対策で生ごみにシューっとすることが多いからです。

夏はゴミのにおいやコバエに頭を悩ませている方も多いですよね。
ゴミ箱を変えるまえに、ちょっとこちらを試してみませんか?

あまりストックを大量に買い込むのではなく、これからの3か月で消費する量をイメージして購入するようにしています。


また、もしもオイルが余るようなら、アロマディフューザーに数滴入れたり、エアコンの吹き出し口に1滴たらしたり。
お風呂の浴槽に1滴入れるのもよいですね。



そんなハッカ油×ヒバ油 で作った最強虫除けスプレー。


どなたかのお役に立てれば光栄です。

  • 70319
  • 711
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード