冷凍ごはんの保存容器やめます!【無印良品】グッズでスッキリ収納する方法

ずっと絶対に必要だと思い込んでいた、冷凍ごはん用の保存容器。
その使用をやめたことで、これまで感じていたストレスがなくなりました。

そしてラップごはんを作る時に、無印良品の収納グッズを利用することで、
冷凍ごはんの形も量も揃ってくれて、スッキリと収納することができました。

  • 397063
  • 2246
  • 10
  • いいね
  • クリップ


今回は、ウチの冷凍ごはんの保存方法をご紹介します。

ずっと絶対に必要だと思い込んでいた、冷凍ごはん用の保存容器。
その使用をやめてすこし工夫することで、ストレスがなくなりました。

これまで何年もの間、ずっとウチの冷凍ごはんケースとして愛用していたのがこちら。


無印良品の保存容器で、かなり前に廃盤になってしまったものです。
シンプルなカタチと、ちょうど一膳分のごはんが入る大きさが気に入っていました。

この保存容器、たしか蓋以外は食洗機可だったと思うのですが、
食洗機で洗うと、軽いため途中でひっくり返ってしまい、
水がたくさん溜まった状態になってしまうことがあり、ずっと手洗いしていました。

食洗機で洗えないこと、蓋の溝部分の水切れが悪いことなど、
日々すこしずつ、不満が溜まってきていました。

そこで最近みなさんが買い替えている、セリアやイオンの溝のない保存容器に、
ウチも変えようかなと思っていたところでした。

でも軽い保存容器は、やっぱり食洗機で洗いにくいのは変わらないので、
思い切って一度、保存容器を使うこと自体をやめてみることにしました。


ウチの炊飯器は、パントリーにあるので、
あまってしまったごはんも、ここパントリーで冷凍保存の用意をします。

作業をするのは、ユニットシェルフの棚の上です。


保存容器を使わずに、ラップでごはんを小分けにするのは普通なのですが、
その過程を、ちょっとだけ工夫してみました。

活躍してくれたのは、いつも大活躍してくれている無印良品の収納グッズです。

『ポリプロピレン整理ボックス1』が、一膳分のごはんにちょうどいいサイズだったので、こちらを型にすることにしました。

型の上にラップをかぶせてからごはんを入れて、すこしカタチを整えてから、
ラップを閉じて、型からラップごはんを外します。


無印の新しいラップケース、以前レビューさせていただきましたが、
その後もとっても便利に使っています。



できあがった冷凍ごはんは、こんな感じになりました。

型にごはんは直接触れないので、型はもちろん汚れません。
いつも同じ型を使うことで、冷凍ごはんの形も量も揃ってくれます。

かなり前は、ラップでごはんを小分けにしていたこともありましたが、
大きさや見た目が揃わないことで、冷凍庫が雑然とすることが不満でした。

これならごはん専用の保存容器を、もう使わなくてもいいかも?

保存容器を使う利点も、やっぱりあるとは思うのですが、
今はこのラップと型のスタイルで満足していて、とても気に入っています。


そしてこのスタイルにして、もうひとついい点がありました。

型の半分までごはんを入れれば、半膳分の冷凍ごはんも同じようにできます。
こども用やちょっとだけ食べたい時用に、量を調整したものも用意することができます。

厚みが変わるだけなので、一膳分のごはんと一緒に収納してもスッキリ!

冷凍ごはんをウチで1番食べるのは、わたしなのですが、
地味にダイエットを続けているわたしは、お昼に半膳だけごはんを食べることも。

これまでは、少量のごはんに保存容器を使うと、
スペースや容器がもったいない気がしていたのですが、これで解決しました。


熱いうちにラップしたごはんは、荒熱が取れるまではパントリーに。
その後、同じくパントリー内にある冷蔵庫に移動します。

写真①のラタンバスケットの中には、
冷凍ごはんの型にする、ポリプロピレン整理ボックスを収納。
写真②が炊飯器で、③の場所にラップを収納しています。

ごはんを保存するために必要なものが、作業スペースの近くに全部揃って、
パントリーでの作業も効率的になりました。


ラップと型で冷凍ごはんを保存するようになって、しばらく経ちますが、
ウチにはあっていたようで、とても満足しています。

いつからか絶対に必要なもののように思い込んでいた、冷凍ごはん用の保存容器。
なくしたことで、これまで感じていたストレスがなくなりました。

あたり前のことを見直してみることの大切さ、改めて感じています。


  • 397063
  • 2246
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード