水垢が溜まるし置き場所にも困るから、水切りかごのトレーを持たない【トノエルの持たないモノ】アイデア2

家が広くて、お金もあって、手間暇かけることこそ趣味。
そんな人なら、たくさんのモノに囲まれて、豊かに暮らすこともできるのかもしれませんね。

だけど、なかなかそうもいかないのが現実。

そんなときは…
「あなたの家に何となくあって、実は無くても何とかなるモノ。」
そんなモノを持たないことから、始めてみるのもいいかもしれません。

整理収納アドバイザー・トノエルの「持たないモノ」を紹介するシリーズ。
今回はキッチンのアレをご紹介します。

  • 164911
  • 1150
  • 4
  • いいね
  • クリップ

どうしていますか?洗った食器や調理器具の乾かしかた。

食事後の食器や調理器具の片付け。正直、面倒くさいですよね。
あなたの家では、どうやって洗って乾かしていますか?

「食器も調理器具も洗ったあと、すぐに拭いて定位置に戻します」という方もいらっしゃれば、
「全部ぜーんぶ、食洗機まかせです」という方もいらっしゃるでしょうね。

さて、トノエルの場合は……。

わが家の場合は、ほとんどの食器は食洗機で洗いますが、鍋やフライパンは食洗機に入らないので手洗いしています。

洗ってすぐ拭いてしまえばいいのでしょうが、それは面倒くさい。
そこで自然乾燥できるように水切りカゴを持っています。

使用しているのは、無印良品の「ステンレスバスケット」と「ステンレス箸立て」です。
(「ステンレスバスケット」は現行デザインのモノとは少し違います。)

5年間ほぼ毎日使用していますが、錆びることも歪むこともなく、快適に使用しています。

この商品、別売りで水切り用のトレーもありますが、それは使用していません。

トレーを使用しない理由は3つ……

〈理由1〉水垢やカルキ汚れが残るのがイヤ

〈理由2〉水切りカゴを常時置きっぱなしにしていると調理の邪魔になるので収納したいけど、トレーの収納方法に迷う

〈理由3〉キッチンの作業台に水が滴っていても、あまり気にならない

ということで、トレーは使わず、水切りカゴのみを使用しています。
(現在販売中の無印良品のトレーは傾斜が付いていて、水が残りにくいようになっているようです。)

もちろん、トレーがないと作業台に水が滴りますが、気になるときには布巾で拭くので、問題ありません(鈍感力が高いので、気にならないことも多いですし 汗)。

水切りカゴがあると、調理するときに邪魔にならない?

鍋やフライパンなどの調理器具を拭くのが面倒くさくて、自然乾燥させたいので、水切りカゴは必須アイテム。
だけど、置きっぱなしにしていると、調理するときに邪魔になりますよね。

そこで、突っ張り棒にフックをつけて、吊り収納しています。
多少濡れたままの状態でも収納できるし、濡れた手でもサッと取り出せて便利です。

まとめ

いかがでしたか?

食器も調理器具もピカピカに拭きあげて、生活感のあるモノは全てしまい込む、そんな「丁寧な暮らし」に憧れはあっても。
日々、家事や育児に追われていると、そんな手間ひまかけて生活感を完全に無くすことなんでできないですよね。

暮らしやすさのために、必要なモノは人それぞれ。そして不要なモノも人それぞれ。
家族が心地よく生活するためのルールも、家庭によってさまざまです。

ミニマリストになるために、ではなく。

本当は無くても困らないモノに取られている、管理の手間や、購入費用や、収納スペースを、モノから取り返すために。

あなたの家のキッチンには、無いほうがいいモノってありませんか?
そんな目線で、見渡してみるのもいいかもしれません。

これからも、わが家の「持たないモノ」のアイデアを投稿していきますね。
よろしければお付き合いください。

【丁寧っぽい暮らし】をめざす、整理収納アドバイザーのトノエルでした。

Instagramで収納&インテリアを公開しています。

前回投稿したトノエルの「持たないモノ」。
3分ほどで読めるので、よかったらご覧ください。

キッチンの収納について、こんなアイデアも公開しています。
こちらも、それぞれ3分ほどで読めるので、よかったらご覧ください。

  • 164911
  • 1150
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「整える」ほど丁寧じゃなく「トノエル」くらいがちょうどいい。丁寧っぽい暮らしをめざす整理収納アドバイザーです。8年で8回引越しました。転勤族なのかもしれません。…

おすすめのアイデア

話題のキーワード