【キッチン収納】使いやすい食器棚って?わたしがラクする食器棚の収納方法をご紹介!

あなたは料理が得意ですか?

残念ながら、わたしはあまり得意ではありません……。

そんなわたしだからこそ、キッチンに立つ時間がなるべく短くなるように、キッチンに収納するモノの配置を決めています。

あなたのキッチンは使いやすいですか?

このアイデアを参考にして、「出し入れのしやすさ」「使う頻度」「子どもが自分でできるように」考えて収納すると、ぐんと使いやすくなるかもしれません。

  • 297407
  • 3418
  • 9
  • いいね
  • クリップ

キッチンの向かいに食器棚。使用頻度別にモノを収納しています。

整理収納アドバイザーのトノエルです。

前回投稿した「キッチン収納」のアイデアは、たくさんの方にご覧いただきました。
ありがとうございます。

今回は、このキッチンのむかいに置いている「食器棚」の収納のアイデア。

「出し入れのしやすさ」「使う頻度」「子どもが自分でできるように」考えて、食器棚にモノを収納しています。
番号を記入している順に、ご紹介しますね。

(1)食洗機の向かいに、よく使うコップとお皿を収納。

使う頻度の高い食器は、キッチンの入口で食洗機の向かいに。
しまいやすく取り出しやすくて、ストレスフリーです。

中段のグラスとマグの配置は、季節に応じて、かえています(これは夏バージョンの写真)。

よく使うものを右側に。
引き戸をちょっと開けるだけで出し入れできます。

下段の皿の上は手を入れるスペースを空けています。
上段の上の方は手が届かないのでスペースを空けています。

(2)食器棚にも、ワークスペースを確保。

飲み物をいれたり、盛り付けをしたりできるよう、食器棚にもスペースを空けています。

(3)飲み物とお菓子を、同じ引き出しに収納。

セットで出すことが多い、飲み物とお菓子は同じ引き出しに収納。
子どもも見渡しやすい下段なので、おやつを自分で選ぶことができます。

食器棚の右側に立てば、お茶の用意が完結するよう、コップ、ケトル、飲み物、お菓子などを配置しています。

上の棚にあるコップと下の引き出しにあるコーヒーを取り、ケトルのお湯を注ぎコーヒーを淹れるという作業が、一歩も動かず、ここでできます。

1日に何度もする行為こそ、使うモノの収納場所には、こだわりたいとおもっています。

「使う場所に収納」を徹底すれば、一歩も動かずにお茶の用意ができるんですね。

(4)レジ袋は大小に分けて、ポイポイ収納。

レジ袋は広げて使うモノ。
たたんだり結んだりせず、絡まらない程度に、縦に伸ばして、そのまま収納しています。

しまうときも、使うときも、ラク。
引き出しをしめてしまえば、見た目はスッキリ。

使い方が違うので、大きさだけは、やんわり2種類に分けています。

レジ袋収納については、別のアイデアで詳しくご紹介しています。
こちらのアイデアも、たくさんの方にご覧いただきました。
3分で読める簡単なアイデアなので、よかったらご覧ください。

(5)お弁当の準備は自分でできるよ。

幼稚園に持っていくお弁当の調理はわたしがしますが、一緒に持っていく、お箸やランチョンマットやコップなどの準備は、なるべく長女に任せています。

低い位置にある引き出しに、幼稚園のお弁当グッズをまとめているので、ひとりでできます(きーきー言いながらの日もありますが……)。

(6)キッチンに、掃除家電の充電スポット。

掃除機もブラーバ(拭き掃除機)もキッチンとダイニングで使用することが多いので。
それぞれの充電スペースを、食器棚につくりました。

使いたいときに、さっと取り出せます。

まとめ

いかがでしょうか?

トノエル家の食器棚収納のポイントは・・・

#1. 出し入れのしやすさを考えて収納する
#2. 使う頻度の高いモノは、特等席に収納する
#3. 子どもが自分でできるように、子どものモノを収納する

【丁寧っぽい暮らし】をめざす、整理収納アドバイザーのトノエルでした。

Instagramで収納&インテリアを公開しています。

  • 297407
  • 3418
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「整える」ほど丁寧じゃなく「トノエル」くらいがちょうどいい。丁寧っぽい暮らしをめざす整理収納アドバイザーです。8年で8回引越しました。転勤族なのかもしれません。…

おすすめのアイデア

話題のキーワード