やること2つだけ!キッチンのワーク台を簡単リメイク&洗いカゴを置かない暮らしでスッキリとしたキッチンを実現☆

入居10年が過ぎ、汚れや不具合がちょこちょこ出てきた建て売り住宅の我が家。
今回DIYで見直すのは10年の汚れが目立ってきたキッチンのワークトップ(作業台)です。
ほぼ一日中使用する場所なので、キレイにする暇もなく食器洗いや次の食事の準備をする…とかなり忙しい場所。片付けてもすぐに散らかってしまうこの場所を清潔に保てるようにまず食器洗いカゴを撤去、そして汚れたワークトップにリメイクシートを貼る、という2ステップで散らからない生活を始めました(^^)

  • 35335
  • 322
  • 0
  • いいね
  • クリップ

10年使い続けたキッチン

建て売り住宅のマイホームに住んで早10年。DIYをはじめてからは、カフェのようなキッチンを目指し、油で汚れたコンロ周りの壁面にレンガ柄のリメイクシートを貼ったり、食器棚をリメイクしたりキッチン家電の置き場をDIYで工夫したり…、カフェ風を意識しながら家事が少しでもスムーズに楽しくなるようなキッチンを作っています。

キッチン関連のDIYは過去のアイデアをご覧下さい↓

汚れ&すぐ散らかるワークトップ

キッチンは使用頻度がかなり高く、家事の集中する場所なので、気を抜くとすぐこんな感じに…(*_*)
特にシンクの右側の作業台は、水切りカゴの中の食器類はいつまでも片付かず、電気ポットなどの家電類を置いている為とにかくごちゃごちゃしてひどいです。

水切りカゴもすぐに黒カビで汚れてしまうしワークトップも汚れています。

セリアのタイル柄リメイクシート

ワークトップ(作業台)は定期的に洗剤で丸洗いしていますが、やはり10年目ともなると落ちない汚れがたくさん。

家事をするたびに汚れているのを見て見ぬフリをするのがもう嫌なので、水切りカゴを撤去し、家電も撤去してリメイクシートを貼ってみました。

それだけでこんなにスッキリ!!

水切りカゴがない生活

水切りカゴがなくなってほんとに大丈夫か!?という不安がありましたが、すぐ下にある食洗機に洗ったものを入れたり、洗ったらすぐ拭いて片付ける、という習慣ができたので特に問題はありません。
すぐ拭いて片付けるのがめんどうな時は一度タオルに乗せて少し放置して後で時間が出来たら片付ける…などと『絶対にこうしなければいけない』という考えは持たずに気楽に考えています。

何よりすぐ汚れてしまう水切りカゴのストレスから解放されたのは私にとって大収穫でした。

料理もスムーズに

そしてシンクの左側は、主に野菜や肉類を切ったりと料理をするための作業台にしているため、こちらもどんな方法を使っても取れない汚れがついています。

さきほどと同じセリアのタイル柄リメイクシートをワークトップに貼ってみました。

リメイクシート一枚をそのまま貼ったので、ワークトップ全体がリメイクシートで覆われている訳ではありませんがこれだけでもかなり印象は変わりました。
汚れが見えなくなっただけで私の気分も晴れ晴れです(^^)

スッキリキッチンの完成!

水切りカゴを撤去してリメイクシートを貼っただけでこんなにすっきりとしたキッチンになりました。
キッチン家電のごちゃごちゃするコード類はDIYで作った雑貨で目隠ししてます。

作業スペースが大きく確保できることで、家事のストレスが極端に減りました。

どこのご家庭でも直面するキッチンごちゃごちゃ問題。すぐに散らかってしまうのは当たり前のことだと思います。

私の場合は水切りカゴの撤去とリメイクシートの2ステップで解決しました。
ご家庭の事情はさまざまで、この方法が絶対おすすめ!!というものではありませんが、片付ける習慣を作るためのベースが出来たので散らかったとしても片付けがしやすくなりました。

ごちゃつくキッチンでの作業の効率が少しでも上がって、ストレスが減るような参考になれば、と思います(^^)

閲覧いただきありがとうございました☆

  • 35335
  • 322
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

大人カフェ風インテリアを目指して築11年目のマイホームをセルフリノベーションで楽しく居心地のいい空間にしています。ホームセンターや100均グッズなどのお手軽素材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード