「調光ロールスクリーン(ターンアップスクリーン)」ってどういうものなの?

一枚の生地を上げ下げして「視線や外の光を遮る」のが
ロールスクリーンというインテリアなわけです。

そのロールスクリーンの中に
「調光ロールスクリーン(ターンアップスクリーン)」
と呼ばれるタイプがあるんですね。

それってどんなロールスクリーンなの?
というのが今回のお話し♪

  • 7353
  • 20
  • 0
  • いいね
  • クリップ

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



今回は「ロールスクリーン」のお話しを。

ロールスクリーンの中でも
「調光ロールスクリーン」または「ターンアップスクリーン」
と呼ばれるタイプがあるんですが…

それってどんなロールスクリーンなの?
というお話しをしていきます♪


そんなわけで店長と「調光ロールスクリーン」の図。


調光ロールスクリーンの特徴は?

まずはこちらの写真をご覧ください♪


こちらは先日お客さまのお宅に付けさせていただいた調光ロールスクリーン。


なんだか「しましま」な感じのロールスクリーンですよね?

実はこれ、生地が二重になっているんです。


普通のロールスクリーンは生地が一枚で、
上げたり下げたりして外からの視線や日の光などを遮るインテリアなわけです。

調光ロールスクリーンもその点は同じなのですが…


その名の通り
「部屋に入る光の量を調節できる」わけなのです。

それが調光ロールスクリーンの最大の特徴ってわけです♪


どんな風に「光の量を調節」するの?

先ほど書いた通り、
調光ロールスクリーンは「生地が二重」になっているんです。


ちょっとこちらの写真をご覧ください♪


これは調光ロールスクリーンを近くで見た図。


これが調光ロールスクリーンの「しましま」の正体でして。

調光ロールスクリーンに使われている生地って、
普通のロールスクリーンの生地と「メッシュの生地」が交互になっているんですね。

それを二重にして、
写真の赤い矢印のように室内側の生地を上下させることで
光の量を調節するわけです。


どんな感じか、ちょっと写真で見てみましょう♪


これが光が入らないようにした状態。
これを「閉じている状態(全閉)」と言ったりします。
こっちは光が入ってくる状態。これは「全開」ね。
これは全開でも全閉でもない状態。
光が「少し入ってくる状態」って感じ?


こんな風に「生地をズラす」ことで
「光が入ってくる状態」と「光が入らない状態」、
そして「少し入ってくる状態」にすることができるわけなんですね~。


あ、もちろん普通のロールスクリーンのように
生地を完全に上に上げてしまうこともできますよ♪

これらをお好みで調節できる、というのが特徴なんですね。



音楽と店長の声が流れますので音量にご注意ください♪


実際の調光ロールスクリーンの動き方は
こちらの動画も合わせてご覧いただくとさらに伝わりやすいんじゃないかな、と。

よろしければ動画でもご確認ください♪


ロールスクリーンに「ブラインドの機能」を足したような感じ。

例えば日の光が強い日中に、
眩しいからロールスクリーンを下ろすとします。

すると普通のロールスクリーンは生地が一枚なので、
閉じるともちろん暗くなるわけです。


しかしこの調光ロールスクリーンの場合は
ロールスクリーンを下ろしながら、
暗くならないように光をほどほどに入れることができる、というわけです。

「ブラインドの機能」をロールスクリーンに足したような感じなんですね~。


それにロールスクリーンの生地を完全に下ろしている状態でも
光を取り入れるようにしていれば圧迫感も少ないんですね。

そしてスッキリとした印象にもなります♪



そんな素敵なインテリアが「調光ロールスクリーン」なんですが…


メッシュの生地を使っている、という点で
普通のロールスクリーンと比べると耐久力はちょっと劣ってしまうんですね。

頻繁に上げ下げしたり、
お子さんやペットなどが強く揺らしたりイタズラしたりすると…

生地の端がホツレてきたり、
メッシュとロールスクリーンの生地の境目が割れてしまったりもするんです。


そういう弱い部分もありますので、
その点も考慮して選んでいただければ、と思います。

今回のお話しが参考になれば幸いです♪


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした~!

普通のタイプのロールスクリーンをお使いで、下に降りたままになっちゃった時の対処法はこちら♪


LIMIAからのお知らせ

楽天ポイント最大50%還元♡楽天スーパーDEAL!
人気ブランドから日用品までポイント高還元!毎日更新中!

  • 7353
  • 20
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

ご覧いただきありがとうございます!家具やインテリアの基礎知識や豆知識など、お役に立てる情報を発信できるようにがんばっております。フォローはお気軽に♪こちら、LI…

おすすめのアイデア

話題のキーワード