「プレーンシェード」って、生地をお洗濯することができるんですっ!

窓辺のインテリアには、「カーテン」「ブラインド」「ロールスクリーン」などがありますが…

「シェード」というヤツもあるんですね。
カーテンの生地で出来ていて、生地がパタパタと折りたたまれて上下するインテリアです。

その「シェード」ってカーテンの生地なので、外してお洗濯できるんです♪
そんなわけで今回は、生地の外し方をお話ししますね~。

  • 10551
  • 43
  • 2
  • クリップ

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、
店長の平田敬(たかし)です。


今回はですね。

「プレーンシェード(ローマンシェード)」って、
生地を外してお洗濯できるんですよ~というお話し♪


この窓に付いているのが「プレーンシェード」。
パタパタと折りたたまれて上下に動きます。カフェっぽい雰囲気のインテリア。

この写真は手前に厚地カーテンの生地のシェード、
奥側にレースカーテンの生地のシェードが付いています。

「プレーンシェード」って『カーテンの生地』を使っているんです。

カーテンの生地を使っているので…




取り外してお洗濯することができるのですっ!

そんなわけで、「生地の外し方」について解説していきますね~。

このプレーンシェードの見本を使って説明していきますね!

生地を外す時の作業の流れ。


①プレーンシェードを一番下まで降ろす。
②シェードの一番下にある「ウェイトバー(重り)」を外す。
③シェードの裏側にあるヒモを外していく。
(※この時に、ヒモの一番下部分に目印をつけることが重要)
④ヒモを全て外したら、シェードの一番上の部分から生地を外す。

こんな感じ♪
この①~④で生地を取り外すことができるわけです。

以下では、これらを詳しくみていきますね~。

①プレーンシェードを一番下まで降ろす。

まずは、プレーンシェードを一番下まで降ろしておいてくださいね♪
普段お使いでしょうから操作は割愛させて頂きます(笑)

プレーンシェードの生地を外す時(付ける時も)には、その降ろした状態で全て作業しますよ~。

②シェードの一番下にある「ウェイトバー(重り)」を外す。

次は「ウェイトバー(重り)」っていうのを外していきます。

プレーンシェードの一番下の部分にはウェイトバー(重り)が入っています。

この写真のように、生地の左右どちらかには切り込みがあって、
ウェイトバーは抜けるようになっているんですね。

その切り込みからウェイトバーを抜いてしまいましょう。


ウェイトバーを抜いたら次です。

③シェードの裏側にあるヒモを外していく。

この時に重要なことがあるわけです。

上の写真は、プレーンシェードの裏側を撮ったもの。
メーカーさんによって微妙に形が違ったりしますが、基本的な構造は同じです。

シェードの上の白い部分(「メカ」と言います)から、
一番下の部分までヒモが伸びているのがわかりますか?

さっきの写真の左下あたりをアップにした写真。
ヒモが白い部分の生地を通って、一番下に結んであるわけです。


③では、このヒモを一番下から外していくんですが…

この時に重要なのが最初の「※」に書いた部分。


【ヒモを外す前に「目印」を付けておくこと】が重要なんですっ!
    ↑これ、マジで重要です(笑)

一番下の部分をアップにした写真。
「プラスチックの部品」に、ヒモをクルッと通して固定されている。

最初にこのプラスチックの部品からヒモを外すんですが、その前に…


プラスチックの部品の上のところにある【ヒモに目印を付けておく】のが重要なんですね。

基準になる目印を付けておかないと、戻す時にエラい困ります(笑)


ボールペンでもマジックでも良いので、ヒモに黒く目印を付けましょうっ!


写真に写っているプラスチックの部品の上。
店長の人差し指のところにあるヒモに「黒い点」が見えますか?

これがさっきボールペンで付けた「目印」です。

目印を付けるのは、生地を元に戻す時のため。

生地をお洗濯して再び戻す時に、外す手順と逆につけていくんですが、
外したプラスチックの部品を、ヒモにもう一度付けるわけです。

この時に目印を頼りに、「最初と同じ位置」に目印がくるようにヒモを固定する、というわけです。


プレーンシェードのお洗濯、生地の取り外しの時に「一番重要なこと」なんですね。
これをやり忘れると、生地を戻す時にヒモの長さ調整に苦戦してしまいます。


そんなわけでしつこいですが、目印を忘れないようにっ!!(笑)

それと大事なことがもう1つ。

外すときに『プラスチックの部品にヒモがどういう風に通っているのか』をよく観察することです。

なんでこんなこと言うのか、というと、
プレーンシェードのメーカーさんによって、
プラスチックの部品の形が違ったり、ヒモの通り方が違っていたりするからなんですね。


なので、ご自分でプレーンシェードの生地を外す場合は、
元に戻すときのことを考えて『どう付いていたのか?』をよく覚えるようにしてくださいねっ!

そうすると生地を戻す時にもスムーズにすることができますよ~♪

プラスチックの部品からヒモを外した時の写真。
主任の中指あたりに見える黒い点が「目印」です。


もし最初の取り付け方を忘れたら…

目印さえ同じ位置なら最初とヒモの長さが同じなので、
どうにか結んで固定してください(笑)


何だかエラい長くなってきましたが、この「目印」をつける作業と、
「どう付いているのか?」を覚える作業が終わればあとは簡単です♪

④ヒモを全て外したら、シェードの一番上の部分から生地を外す。

ヒモを生地から抜いたら、いよいよ最後の④です。
シェードの一番上の部分(メカ)から生地を外しますよ~。

メカとカーテン生地は、マジックテープで付いているんですね。
なので、こんな感じでベリベリと外すだけです♪

お洗濯の時には、生地のタグ(ラベル)を見てね!

カーテン生地をお洗濯する場合は、
外した生地のタグ(ラベル)をよく見て洗濯ネットに入れてお洗濯しましょう♪

脱水はかけすぎると生地が痛みますので15秒以内にしましょうね~。

こういう風に生地のどこかにラベルがあるはずです。

実は今回の生地は「お洗濯できない」生地でした(笑)

プレーンシェードの生地はカーテン生地ですが、
【中にはお洗濯ができない生地もあります】のでラベルを事前にタグを調べましょう♪

お洗濯が終われば、後は生地を元に戻して終わりです。

この時は外した手順と逆の手順、

①メカに生地を付ける。
②生地の上からヒモを通してきて、下の部分を元通りにする。
③ウェイトバーを元に戻す。

この手順で元通りになりますよ~。


何度も言いましたが、
目印を頼りにプラスチック部品を元通りにするのが大事ですよ♪



それでは長くなってしまいましたが、今回はこの辺で。
読んでいただきありがとうございます!

お洗濯がんばってくださいね♪
店長でした~!

シリカゲル(乾燥剤)は乾燥させると効果が復活しますよ♪

お菓子や靴、革製品などを買った時に、箱の中に入っていたりする「シリカゲル(乾燥剤)」。 ゲタ箱やバッグの中、湿気の気になるところに置いて再利用されている方も多いんじゃないかな~と思うのです。 しかし、ある程度湿気を吸ったシリカゲルは乾燥させてあげないと、ちゃんと湿気を吸わなくなってしまうんですね。 そんなわけで今回は、一番簡単なシリカゲルの乾燥方法のお話しを♪

ひらた家具店

こちらの記事もオススメです♪お菓子の箱などに入っている乾燥剤のお話し。

  • 10551
  • 43
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード