裾を切っちゃうと、アタリが無くなっちゃうんだよなぁ。。。というあなたに。。。

普通に裾直しをすると、初めについていたアタリが無くなって不自然な感じがするという方へ。裾移植をご紹介。

  • 60708
  • 60
  • 1
  • いいね
  • クリップ

普通に裾直しをすると買った時のアタリが無くなっちゃうのが嫌だなぁ。。。。

結構、頂くご意見だったのですが、ラントンレーブを始めるまで、全く気付きませんでした。結構多いのですよね。

それには、当時、特殊なステッチで縫製されているジーンズが流行し、裾直しをするとその部分のステッチが無くなってしまうというところも、アタリを残しつつ、裾直しもするという技術は上がったのではないかなぁと思われますね。

今回は、元々のアタリを利用して、裾直しをする、当店では、『裾移植』と命名しております、方法をご紹介いたします。

アタリの部分を切り取ってくっ付けちゃうんです。

このように、裾の部分を切り取りまして、これをくっ付けちゃおうということなのです。

縫製をされる方は、ご存知の方も多いとは存じますが、
所謂、『パイピング』という方法です。

始末の仕方には、いろいろあるのですが、今回は、両方ともステッチが出るタイプです。
まあ、当たり前ですが。(笑)。

通常の裾巻きですと、三つ巻きですから、裾部分は3枚の布になるのですが、
移植をすると、裾部分は5枚になります。

なので、裾のマチが細い場合は、スウェットの裾っぽくなってしまったりするのが短所と言えます。
それ以外でも、スラックスのダブル仕上げのような感じに見えてしまったりもします。

また、あまり、テーパード(先になり 細くなっていくこと)がきついものや、あまりにも短く切るとなると
裾幅と、実際つける部分の幅が、違いすぎて、裾移植は不可能になります。

その辺だけ、ご注意ください。

裾移植完成!!

元々の裾部分の生地を使用しておりますので、非常に自然に仕上がっていると思われます。


これって実は、履き込んでアタリがついて、裾移植をすると、場合によっては、逆に不自然になってしまったりします。

この辺が、難しいところになります。

また、先程は、あまりたくさん切るようなことだと幅が違いすぎて無理と書かせていただきましたが、
3cm以内でも、今度は、縫い代が取れないので、裾移植が不可能になってしまいます。

いろいろ、条件があるのですが、自然に仕上がると、本当に自然でいい感じですよ。

ロールアップにも対応しました。

以前は、裏にはロックをかけていたのです。

先にも記載しましたが、通常、3枚なのですが、パイピングだと5枚になってしまいます。
どうしても、裾が丸っとなってしまうので、以前はロックをかけていたのです。

しかし、

『ロールアップできない』

というご意見が多いことから、パイピングに変更しました。

また、できる限り、丸ッとならないような工夫をその都度、各ジーンズの裾に合わせて
施しております。

是非お試しください。

  • 60708
  • 60
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

ジーンズ修理の専門店。東京中目黒にて、ジーンズの穴補修や、チェーンステッチでの裾直し、ジーンズ関連での修理を専門的に行っております。また、リメイクジーンズや、ジ…

ラントンレーブさんの他のアイデア

ファッションのデイリーランキング

おすすめのアイデア