ジッパーが壊れても、交換できますよ!! 諦めないで!!

まだジーンズ自体は履けるのに、ジッパー不良で履けないと思っていませんか?大丈夫!!交換できるのです。

  • 8058
  • 19
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ジッパー不良で諦めている人が多いようですね。

Gパンって、ジッパーの交換ができるんですよ。

それも、意外と簡単に(笑)。

・・・・画像のように、務歯が飛んでしまいますと、そこ自体の再生というのは、
ファスナー工場でも難しいでしょう。やはり、交換になります。

しかし、Gパンって、結構簡単なつくりをしているので、交換は意外と楽なんですよ。

結構、分解する箇所は多いので、バラバラにしますけど(笑)。

前の方は、比較的最初の方に縫製されるので、分解も大変です。

↑↑↑ まあ、ご覧の通り、バラバラです(笑)。

先ずは閂止めを外し、帯を外し、
小股部分を任意に外し、
持ち出しを外し、比翼からジッパーを外します。

今回のジーンズは、リーバイスの現行物なのですが、
ビンテージといいますか、1960年代までは当たり前の方法の縫い仕様になっておりました。

今のジッパーの付け方より、少し外すのに往生します。

ただ、こういうのが、今だに採用されているというのは、嬉しいことですね。

それに気づいた自分がほくそ笑んだして、縫いフェチとしては楽しい部分です。
(余談でしたね。)

ジッパーを短くします。

ジッパー交換の作業ですと、普段使用しない道具が出てくるので、楽しくなります。

そして、しっかり計らないとジーンズにつけたときにズレてきます。
そして、ストッパーを綺麗に外し、務歯を綿テープを傷つけないように
緊張しながら、一つづつ、外していきます。

当店はやりやすいので、ニッパーを使用しておりますが、
子供の頃のプラモデル作りを思い出すのは私だけでしょうか(笑)。

元々ついていたのはTALON製の42ジッパーというビンテージ好きの方には
有名なジッパーを使用しておりましたが、レプリカントものは綿テープが違いますね。

最近の綿テープはナイロン製が多いのですが、やはり、『綿テープ』というくらいですから
綿が一番いいですね。

当店が使用しているのは、力織機でおられた杉綾の綿テープ勿論、COTTON 100%です。

仕上がりはこんな感じです。いかがでしょうか?

今回のご依頼は、ちょっとした事故でもあったのでしょうか、、、新品に近い状態で、
非常にやりやすかったです(笑)。

通常は、履き込んで、履き込んで、これでもかというジーンズがやってきます。

流石に、ジッパーが壊れたら、履き続けられないですものね。
しかしながら、先にも申し上げましたとおり、ジーンズのジッパーは
比較的簡単に交換できますので、お気軽にご用命ください。

大好きなジーンズを気がすむまで履き込んでいただけますよう、寄り添って参りたいと存じます。

  • 8058
  • 19
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード