【ジーンズ修理】いつもの穴補修、糸の細さを変えてみました。

穴補修をいつもの縫製糸よりも、細い糸でやってみました。
結果は?

  • 16122
  • 9
  • 0
  • いいね
  • クリップ

●くれぐれも、交通事故にはお気をつけください。

先日知人が、オートバイで、交通事故を起こしました。どうやら、単独事故のようで、自身だけの怪我で終わったようですが、現在は、完治して元気にしております。

その時のジーンズを直して欲しいということで、先日、受け取りました。

思いの外、穴が小さかったことと、怪我の状態から、ものすごい血だらけかと思ったのですが、

意外と、綺麗な状態でびっくりしました。

せっかくなので、普段、使用しない、細い糸で直してみようと思います。

●今回使用するのは#50の縫製糸

ちなみに東洋紡の#222という色番です。ジーンズの穴補修には、一番、使用するので、家庭用の糸でも、同じ色番だと思うので、やられる方は、是非ご購入してみてください。

さて、普段は#30を使用するのですが、よく、『お直し屋』さんの穴補修など見ると、
結構、細めの糸で直されているものも多く見かけます。

時に、綺麗だなと思ったりもするので、ちょっとチューニングを変えて、やってみました。

糸番手は数字が若くなると太くなります。
つまり、通常は、今回より倍の太さのいとで施していることになります。

●仕上がりは、決して納得のいくものではありませんでしたが・・・・

まず、何が納得いかないって、だいぶぼけていますね。(泣)。

雰囲気もそんなに変わりませんでした。
元々のミシンのチューニングを薄物用に、し直さなければならないのかもしれません。
少し、きつめに元々がなっていますので。

そのせいか、少しツレたような感じもします。
もう少し、目調子が、柔らかい感じになってもいいと思います。

そして、思いの外、埋まりませんでした。
当方が、よく拝見するのは、生地にうまいこと、埋まってくれていたので、
ちょっと思っていた感じと違っていました。


・・・ということで結論。

ジーパン屋はらしく、これからも#30を使用していこうと思います。

  • 16122
  • 9
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

ジーンズ修理の専門店。東京中目黒にて、ジーンズの穴補修や、チェーンステッチでの裾直し、ジーンズ関連での修理を専門的に行っております。また、リメイクジーンズや、ジ…

ラントンレーブさんの他のアイデア

ファッションのデイリーランキング

おすすめのアイデア