こんなこともできます。使い込んだポケットの袋布を交換しよう!

ジーンズの修理でもなかなかやっているところは少ないのですが、比較的、需要のあるポケットの袋布の修理。あまり酷ければ、交換しましょう。

  • 16593
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

一番使用する割には一番生地が薄い。それが前ポケット。

意外と、修理のご依頼が多い中で、比較的修理が雑だったり、断られたりするのが、前ポケットの袋布です。

そして、何回も穴が開いてしまうと、修理が難しくなってしまうのが、袋布です。

そもそも、袋布はスレーキと呼ばれ、本来の意味は、『薄い布』という意味で、ジーンズ修理の定番の穴補修をすると、当て布とステッチの重さで、少しクタってしまっているスレーキは、耐えきれず、すぐにまた、穴が開いてしまいます。

画像くらいの状態であれば、もう、交換してしまった方が、後々にはいいと思います。

前ポケット、ボロボロでもまだ、諦めないで!(笑)。

新しい袋布を古いものを型紙にして、製作!

古い袋布しっかりアイロンをかけて、それを元に型紙をして新しい布で袋布を作り直します。

これが一番気を使うところです。
元の袋布を綺麗にして、伸びやクタッとしている部分がないようにします。

ここを失敗しますと、一番キツイのが、前ポケットの見頃と合わなくなってしまいます。

最悪、作り直しになってしまいます。

一番緊張するところです。

それから、ここから最後まで緊張の連続なのですが、
あとは、ポケットの再生なのですが、

前ポケットは、縫う順番を間違えますと、全く仕上がりません。

そう聞くと当たり前に聞こえるかもしれませんが、意外と他の場所ですと、やりづらくはなりますが、
できないことはないのです。

だから修理の時に任意の場所だけ、ステッチを外すことができるわけです。

ジーンズは、分業縫製なので、それができるのですが、ポケットは例外でした。

他店さんが、やりたがらないわけ

ジーンズ修理をやっているところの多くは、通常の本縫いミシンしかないところが多いのです。
また、リベットを打てるところも少ないと思われます。

なので、袋布交換はなかなかやっていないところが多いです。

ラントンレーブでは、ジーンズ製作に携わったものが、
あなたのジーンズを蘇らせます。

あなたのお気に入りのジーンズ。長く履き込んだジーンズをもっと履き続けるために
やってみませんか?

  • 16593
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

修理・補修

ジーンズ修理の専門店。東京中目黒にて、ジーンズの穴補修や、チェーンステッチでの裾直し、ジーンズ関連での修理を専門的に行っております。また、リメイクジーンズや、ジ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード