好きな場所にペンダントライトを付けてみよう!

天井に照明を付けたいけど差し込み口がない!
でもご安心を、コンセントから直接繋げられるレールが売ってます。

  • 6835
  • 43
  • 4
  • いいね
  • クリップ

前に作ったダイニングテーブルですが、座る位置によってシーリングライトを背負ってしまい、
テーブルに影ができていました。これではせっかくの食事も美味しくないのでペンダントライトを取り付けることに・・。

こちらは今までの様子です。

照明はローゼットやライティングレールがないと取り付けられないので自分でレールを取り付けることにしました。電気系の知識はそこまで持っていませんが、コンセントからそのまま繋げられるレールが売っていたのでそれを使うことに。

まずは机のセンターにキレイに並ぶよう、簡単な定規を作って壁から取付位置を決めます。

位置が決まったら早速取り付けですが、部屋の天井は石膏ボードなので直接ビスを打つと抜けてしまうため、石膏ボード用のアンカーを使います。
モノだけみると難しそうに見えるかもしれませんが、初めてでも簡単に使えるのでぜひ使ってみてください。DIYの幅が広がりますよ。

アンカーを打つとこんな感じになります。

さて、レールを取り付けますが長さが1mまでしかなかったので1mと50cmのものを繋げることにしました。専用のジョイントも売っているのでドライバ一つで簡単に連結できます。

レールをつけたらあとは好きな照明を取り付けるだけ!
照明のタイプは部屋の雰囲気に合わせてシンプルな裸電球を3個付けることにしました。
電球は、話題のエジソンバルブという小洒落た電球です。

いかがでしょうか。ドライバーとコンセントさえあれば電気工事も要らず簡単にペンダントライトを設置することができます。もちろんスポットライトだってワンタッチで付けられるので検討されている方は是非挑戦してみてください。

最後に、エジソンバルブは40wと60wの2タイプがあります。
一般的な照明に比べると明るさが弱いので間接照明向けの商品ですが、今回はエジソンバルブだけで明るくしたかったので60wを使っています。
もちろん部屋の大きさにもよりますが、これが2、3灯あれば落ち着いたカフェや居酒屋のような演出が可能です。
ちなみに私はよりベストな明るさにできるように調光器をかませています。
これも、コンセントに直接挿して接続できるものが売ってますので特別な知識は不要です。

ご参考になれば幸いです。


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 6835
  • 43
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

ものづくり、デザインが好きで大学で建築を学び、趣味でDIYをしています。ジャンルは、テキスタイル・金工・工芸・電子系以外です・・。DIYの魅力は何といっても思い…

おすすめのアイデア

話題のキーワード