賃貸だけど天井を高くして海外のような大きな窓を作っちゃおう!

古い賃貸物件で最も嫌なのが天井が低いこと!
天井が低いといろいろ吊るしてもぶつかるし、窓も小さいし、何より部屋も狭く見えるし。
そこで海外のお部屋のように窓が大きく見える方法を考えてみました!

  • 110210
  • 495
  • 0
  • クリップ

古い賃貸の家は天井が低い!

こんにちは!maiikkooです。

先日、IKEAでカーテンを購入したのですが、元々海外サイズのカーテンだからとにかく長い。
我が家は特に天井が低いので、かなり長ーくてだいぶ引きずっていました。

最初は長い部分を切って裾上げしようと思っていたんだけど、あまりに切る部分が多くてもったいないなーと思い(←測って切って縫っての作業も面倒だったし^^;)
ずーっとカーテンを眺めていたら閃きました(≧∀≦)

そうだ!もう少し上から吊るしたらいいんじゃないかと!

すのこ用のスノピタを使ってみよう

我が家は備え付けでカーテンレールとカーテンポールが付いています。
今回はカーテンポールの方だけ上に位置を変えたい!

ここでどうやって位置を変えるか。
なるべく賃貸の石膏ボードの壁に傷付けずできる方法!で思い付いたのがすのこ用の『スノピタ』

スノピタとは名前の通り、すのこを壁にピタっと取り付けるものです↓

こちらは表用と裏用があって、今回はすのこではなく廃材を使うので裏用を使用します。

原理としては『壁美人』なんかと同じで、壁美人はホチキス、こちらのスノピタは細いピンで留めるのですが、壁美人よりコスパがいいってだけでこちらを選びました。
なので、壁美人でも大丈夫です!

スノピタを木材に取り付けよう

まず、備え付けのカーテンポールの金具を外しました。

それをそのまま壁に付けると大きな穴が開いてしまうので、木材をかませ、ここでスノピタを使用します。
木材はカーテンポールの金具が取り付けられる大きさで、廃材でもなんでもOK!


まず、木材の方にスノピタのパーツを取り付けますよー

↑こんな形の方は木材に付けます。


その裏にはカーテンポールの金具↓

↑この写真で見ると
左側がカーテンポールの金具なので、このくぼんだところにポールが乗ります。

右側はスノピタのパーツで、ペアのパーツに引っ掛けられるようになっていますね。

壁側にもスノピタのパーツを取り付けよう

引っ掛ける側の用意は出来たので、次は壁側にもペアのパーツを取り付けます。

天井からの高さや、パーツの位置などをしっかり測ったら壁には直接取り付けます。

↑こんな感じに3本の細いピンを刺すようになっているので、1本ずつ丁寧にトントントンと叩いたら

はい!取り付け完成です☆

ここにポールを乗せれば、カーテンを上から吊るすことができますね!

Before

After

いかがでしたか?

『スノピタ』や壁美人などのパーツを使えば、傷を最小限に今まで諦めていたようなこともできますね!
もちろん普通のカーテンレールでも出来るし、ブラインドを諦めていた方にも出来る方法だと思いますので、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです♡

※取り付ける場合は耐荷重に気をつけて取り付けてくださいね。

  • 110210
  • 495
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード