ダウンライトを人感センサーライトに♪電気工事不要&原状回復OK!

いちいちスイッチを探すのも面倒な
玄関や廊下、トイレのダウンライトを
センサーライトに変えませんか?
ダウンライトじゃなくても応用可!
大がかりな電気工事は資格がなければできませんが、
この方法なら誰でもできちゃいます!
家に帰ると玄関がパッと明るくなったり、
トイレの電気の消し忘れ防止にもなりますよ。

  • 98112
  • 221
  • 0
  • いいね
  • クリップ

はじめに

はじめまして、supershfです。
記念すべき最初の記事としては
少々地味かなとも思いましたが
今回は意外と知らない
ちょっと便利な電球のお話。

ソケットの穴の位置やサイズを見よう

ダウンライトの電球がささっている穴
=ソケットの位置は真上?斜め?真横?
電球の口金サイズはE17?E26?
ちょっとのぞいてみて!
できたら電球を外してみて!

サイズの目安は
親指くらいだったらE17
親指じゃ済まなそうな太さだったらE26!
(人によるやん)

我が家は真横の穴でE26でした。

人感センサー付LED電球にかえよう

ソケット(穴)の位置が真上にある場合は
人感センサー付LED電球に交換するだけ!
E26もE17もありますし
一番お手軽な方法です。

ダウンライトに限らず
ソケットさえあれば
どこでもセンターライトに早変わりです!

こんな感じのものです。
最近はサイズも色も明るさも豊富ですね!

ソケットの位置が斜めにある場合は
斜め取付用の電球があります。

E17のソケットに対応します。

E17のおうちには使えますね。

でもねぇ
大きな声では言えないけど
主婦には ちと高くないですか?笑

これで解決できる方も
安く仕上げる方法があるので
もうちょっと読み進めてみてください。

ダウンライトをLED化するときの注意点

センサー付じゃなくても
ダウンライトをLEDにしたい人は
ここでちょっと注意!

断熱材施工器具や密閉型器具と呼ばれる
タイプのダウンライトは
必ず対応のLED電球にしてください。
シールを見ればわかります。

このシールがついてるものは
断熱材施工器具です。
(B以外にも種類があるみたい)

そう、うちのはコレ。。
ことごとくめんどくさい仕様です。

E17なら可変式ソケット!

えー話を戻しましてー、、、
斜め取付用の電球が使用不可の場合や
ソケットが真横についている場合は
可変式ソケットを使います。

E17専用です。
E17のダウンライトに取り付けて
E26の電球を使うタイプです。

角度が変えられるので
ソケットが斜めでも横でも大丈夫です。

これに
人感センサー付LED電球をつけるだけ。

ダウンライトがある位置に
ペンダントライトをつけたいときも
見合ったソケットを見つければ
取り付けられます!

E26ならフレキシブルアーム!

そもそも
ダウンライトのソケットがE26だわ!
そんなおうちも諦めないで。

あれもだめ、これもだめ、と来たら
最終手段はフレキシブルアダプター。

取りつけるとこんな感じ↓

どーーーん!!

電球がだいぶ出てきちゃってるので
スタイリッシュさに欠けるかもしれません。

私はもう気にならないのですが(笑)

あ、ちなみに
センサーが働いてほしくない方向に
ビニールテープ貼って防いでます。

めっちゃアナログ(笑)

ホームセンターの
職人さんがうろうろしてるコーナーで
工業用の電球カバーを買ってきて
黒く塗ってかぶせてみました。

ん?うむむ…?

通りすぎるだけの廊下なので
見た目は少しアレですが
紆余曲折を経て
無事(?)センサーにできてよかったです。

寝るときに部屋のすべての明かりを消しても
廊下だけはポッとつく。

洗面所やウォークインクローゼットも
ダウンライトがあるところは
ほとんどコレにしています。

ダウンライトの意味ないやん!
とか言わないで(笑)

私の設計ミス!

こんなんイメージしてたんですけど(笑)
ちょっとセンスが伴いませんでした。

いじんないほうがよかったかもね!

錆びペイントなんぞで
皆さんはもっと上手に飾ってください^^

おわりに

人感センサーがついたLED電球の登場で
気軽にセンサーを導入できるようになりました。

サイズや密閉型器具などの
ちょっとした制約がありますが
おうちに合った最適な方法を見つけて
ライティングを楽しみましょー!

  • 98112
  • 221
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ホッとする生活感を残しながら、イラッとする生活感を消すような、ズボラだからこそ思いつくインテリアのアイデアを載せていきます。みんながおうちをもっと好きになるヒン…

おすすめのアイデア

話題のキーワード