【賃貸OK!】ラブリコを使って和室の床の間をワークスペースに♪

元は和室の子供部屋にある、元床の間。
この床の間に机を設置して使っていましたが、今回LABRICO(ラブリコ)を使ってさらに使い勝手よく、かわいく変化させてみたいと思います!

  • 120523
  • 1060
  • クリップ

☆ビフォーアフター☆

一段のカラーボックス2つを脚にして、上に天板をのせて机にしています。
簡単でとても良かったのですが、脚の部分でけっこう場所をとられるので大きくなってきた子供達には若干手狭に…。

こちらがアフター。
机の天板はそのまま使い回しです。

我が家は賃貸なので壁に穴を開けたりはできませんが、LABRICO(ラブリコ)を使って壁を増設したことで、穴やキズを気にせず自由に使えるようになりました!

LABRICO IRON(ラブリコアイアン)

今回使用したのは平安伸銅工業さんのLABRICO新シリーズ、『LABRICOアイアン』。
従来のLABRICO(ラブリコ)と違うのは、アイアン素材とサビに強い塗装で、屋外でも使用できること!
もちろん、我が家のように室内でも◎
アイアンの質感がとってもかっこいいです♪

カラーは今回使用したホワイトの他にブラックがあります♪

1.2×4材を用意する

まず、床から天井までの長さを計り、
【床から天井までの長さ-75mm】の長さの2×4材を3本用意しました。
設置する場所の幅が約160㎝あるので今回は2×4材を3本にしましたが、もっと幅が狭い場合は2本でも良いと思います。

今回は2m22㎝にホームセンターでカットしてもらい、購入しました。
大きな木材を運ぶのはなかなか大変ですよね!
今回は使用していないアイテムですが、ラブリコアイアンにはこんなに便利なものが!!
↓↓↓

↑↑↑
この『ジョイントアイアン』というアイテムを使えば、半分の長さにカットした2本の2×4材を1本の柱として使うことができます♪
1mほどの木材なら比較的楽に運ぶことができそうです。

2.ラブリコアイアンを取り付ける

詳しい作業方法は付属の説明書に書かれているので、ここでは流れをさらりと書かせていただきます。

まず、ラブリコアイアン本体を2×4材にセットして、付属のネジをしっかり締めて、

反対側の端にキズと滑り防止のパッドを貼れば、下準備はOK!

3.柱を立てる

水平器(100均で購入)を使用して床、天井に対して垂直になっているか確認しながら設置します。
一人で作業しても、角度を微調整しながら簡単に設置することができました♪

上についているネジを回して伸縮させることができるので、しっかりと固定されるまでネジを回します。
写真のようにドライバーを穴に差し込むと簡単に回すことができました。

3本設置し終わりました♪
想像していたよりもずっと簡単でびっくり!
1人で作業しましたが、全く問題なく簡単に設置できました♪

4.机を設置

机の天板に脚を設置するための台座をネジで取り付けて、

脚を取り付けます。

脚を取り付けた反対側にL字金具を取り付けます。
このL字金具で2×4材に机を固定します。

机が設置できました!
机の天板が少し薄めで強度(しなったりしないか)が少し心配だったので、真ん中にカラーボックスを置きました。(これも使い回しです笑)
収納にもなりますし、子供達二人のスペースを分割する役割もあります◎

5.OSB合板で棚と壁を設置

90㎝×180㎝のOSB合板をホームセンターで160㎝幅にカット、購入して壁として設置しました。
そして、残ったOSB合板をカットして棚板にしています。

棚板の設置にはこちらを使いました。
ダイソーの棚受け、2個セットで108円(税込)です♪

先ほどの工程からさらに変貌をとげて、このようになったのですが、、
それはまた次回、ワークスペースの収納と併せてご紹介させていただきます☆

最後までお読みいただきありがとうございました☆☆☆

Instagram、RoomClipでも最新の写真やアイディアをご覧いただけます☆
ぜひお気軽に遊びにいらしてください♪

フォローも大歓迎です☆☆☆

  • 120523
  • 1060
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ