パリパリ食感が美味!パリパリチキンのお弁当(簡単レシピ付き♪)

大人も子供も大喜びのおいしい鶏料理レシピを掲載しています。ぜひ、今夜のメインのおかずにいかがでしょうか?時間が経ってもおいしいのでお弁当のおかずにもピッタリ♥

  • 14121
  • 50
  • 1
  • クリップ

今回は、夕ご飯のおかずにもお弁当にも大活躍し、もしかしたらクリスマスにもいい感じの鶏肉料理をお弁当とともにご紹介します!


見てびっくりですよねー。なんて大きな写真・・・

近視の方は、少し仰け反ってご覧ください(笑。

・ゆかりご飯
・パリパリチキン
・鮭
・パプリカ入り卵焼き
・サラスパ
・ブロッコリー

今回のメインのパリパリチキンは、もも肉を使っていますので、食べ応え十分の一品になっています。

それでは、レシピです。

【タレが美味!パリパリチキン】のレシピ

<材料>鶏もも肉2枚分
・鶏もも肉 2枚
・塩コショウ 少々
・お酒 大さじ2~3
・片栗粉 適量
・サラダ油 大さじ3~4
・◎醤油 大さじ1と1/2
・◎酢 大さじ1
・◎砂糖 大さじ1
・◎水 大さじ1
・◎ゴマ油 小さじ2
・◎お酒 小さじ1
・◎ハチミツ 小さじ1
・◎すりゴマ 小さじ 2
・◎ニンニク 小さじ1
・◎生姜 小さじ1
・◎小ネギ 大さじ1(多めでもOK)

<作り方>
①鶏肉をまな板の上に広げ、両面にフォークで穴を開け(下味が早く馴染むように)、バットなどに入れて塩コショウとお酒を馴染ませる。最短で15分~30分でOK。

②ニンニクと生姜はすりおろし、◎の材料を耐熱容器などに入れ混ぜ合わせ500Wで40秒加熱しておく。

③(1)の鶏肉の両面に片栗粉をしっかりつけ、余分な粉を落とす。熱したフライパンにサラダ油をひき、中火で皮の面を下にして5~8分焼く(カッリカリ度を増したい場合は15分くらい焼いてみてOK)。皮の面がカリッと焼けたら(少し焦げ目がつくくらいカリッと焼く)ひっくり返して、弱火で10~15分焼き、更に5~7分中火で裏面もカリッと焼けたら完成!

そのままでも、パリッパリの皮で歯ごたえもおいしいチキンになっていますが、できればこのおいしいタレと一緒に食べていただきたーーーーい!と言いたいところですが、お弁当には正直タレって困りますよね?

絶対傾けてないつもりでも、ご飯にタレ浸透でなぜか頼んでもいないのに、汁だくってことになっちゃいますよね-。

もし、時間と気持ちに余裕があれば別容器に入れてあげるか、ここは一か八かでワックスペーパーやカップなどにお肉を包んでタレを少量垂らしてみるかでお願いします!

ちなみに私は、一か八かでワックスペーパーでやってやりました(何かの仕返しか?)


大人から子供まで喜んでもらえる鶏料理になっていますので、ぜひ挑戦してみてくださいねー♡

  • 14121
  • 50
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード