夏場の「もわっ」と暑い部屋を解消!天窓(トップライト)と冷房を活用したテクニック

夏場、室内にこもった熱い空気をみなさんはどのように解消していますか? 実は、天窓を利用すれば驚くほどの通風・換気効果が得られます。一体どのような方法なのか、冬場の天窓の活用方法とあわせてご紹介していきます!

  • 4091
  • 20
  • 0
  • いいね
  • クリップ

夏の住まいを困らせる「熱だまり」

夏場の室内は「熱だまり」が発生しがちです。熱だまりとは、部屋の中に熱がこもってしまう状態のこと。外出先から帰って来たときに、室内が「もわ〜ん」と暑くなっていること、ありますよね。原因は、窓ガラスを通過して入ってきた熱い直射日光。室内の空気はいつの間にか温められてしまうのです。

そんな熱だまりが発生した場合は、部屋の空気を循環させて涼しい空気を流し、熱を外に逃さなければなりません。そのため、すぐに窓を開けて換気したり、冷房を効かせたりする方も多いのではないでしょうか。

でも、この方法では涼しくなるのに時間がかかってしまいます。

熱だまりを効率よく無くすには、冷房+天窓が最適!

熱だまりを効率よく解消する方法は、天窓を開けながら冷房をつけること! 「でも、せっかく冷房をつけているのに天窓を開けてしまったら、冷気が逃げてしまうのでは?」と思いますよね。

冷房から出てくる冷たい空気は低い場所へ流れ、天井までいかずに階段の踊り場くらいの高さまででとどまります。つまり、天窓で換気をしながら冷房で空気を冷やせば、その冷気を逃すことなく、ただ冷房するよりも素早く効くのです。

天窓を開けて冷房をつける、これが夏場の新常識となりそうですね。

冬も天窓を使った自然換気できれいな空気を取り入れよう

天窓が通風面で活躍するのは、夏場だけではありません。暖房で空気がこもりがちになる冬も、天窓を使ったテクニックがあるのです。

空気がこもっていると感じたら、壁面の窓から入った空気が天窓を通って出て行くよう、天窓を通気の出口として開けましょう。

天窓は壁面の窓よりも通風効果が高く、短時間で空気を入れ替えることができます。そのため、冬場でも換気している間に切っていた暖房を短時間で入れ直すことができるのです。ちなみに、壁面の窓と天窓の高低差があればあるほど、通風効果が高くなりますよ。

夏場に冷房を逃さなかったように、冬場は素早く換気してスピーディーに暖房を復帰できます。天窓一つでこれだけ機能性があるとは、驚きですよね。

天窓で自然の空気を取り込み、清々しい夏を過ごしませんか?

天窓は、夏の熱だまりや冬のこもった空気の入れ替えに効果てきめん! 天窓には通風や換気のほかにも採光や眺め、防犯などさまざまなメリットがありますので、設置を検討してみてくださいね。

次回は、「暑さはブラインドで解消!」をテーマに記事を公開する予定ですのでお楽しみに。

また、天窓を暮らしに取り入れて自然と暮らすメリットを以下の動画でご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

  • 4091
  • 20
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

住宅設備メーカー

ベルックスは「自然光と新鮮空気と快適性を届ける」というビジョンとともに創業し、世界中で何百万の住まいにこれらベネフィットを提供している国際企業です。今日、ベルッ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード