木材にマグネットを埋め込んでDIY

雑貨店などで木材にマグネットが綺麗に埋め込まれている商品を見ることありませんでしょうか。
ここでは綺麗にマグネットを埋め込む方法を紹介致します。

  • 6632
  • 111
  • 0
  • いいね
  • クリップ

マグネット埋め込みDIYの例

シェルフにマグネットを埋め込んでホーローキッチンパネルに設置しました。
冷蔵庫の側面などにも利用できる方法です。

強力なネオジウム磁石Φ10ミリ、厚み3ミリを50ミリピッチで埋め込んだので、しっかり設置出来ます。

マグネットの調達は

ネットで購入しました。
100個購入で税込送料込みの単価は1個30円程でした。

マグネットを綺麗に埋め込むには

マグネットの直径に合うドリルのサイズとドリル種類が重要です。

マグネットの直径と同じ10ミリのドリルで
種類は竹用ドリルを使用しました。

竹用ドリルの特徴は、刃の先端外周部が鋭利になっている点です。
この鋭利な部分で竹や木材などの繊維を綺麗に切断しながら穴を開けます。
また、竹用ドリルは押した分だけドリルが入っていくので、穴の深さ調整が簡単です。

穴はマグネットの厚みよりも若干深くします。
ドリル刃に深さの基準となるようマスキングテープを巻くと良いでしょう。
竹用ドリルの有効先端位置は分かりにくいので、試しに穴を開けてみると間違いないでしょう。

木材と磁石の接着は強力多用途接着剤でソフトタイプが良いでしょう。
マグネットが鉄部にバチンと勢いよく吸着したときに硬化後に弾力のあるボンドの方が衝撃を吸収してくれるのか、マグネットが穴から外れることが滅多にありませんでした。

ボンドを適量流し込みます。

マグネットを穴に入れます。
マグネットを繋げて作業すると
磁性を合わせながら次々と埋めることが出来ます。
穴が緩いとマグネットが深く入り過ぎることがありますので、他のマグネットの磁力で引き戻します。

上に付いたマグネットを横に素早くスライドさせて分離させます。

平らな板でマグネットを押さえて完了です。

以上、綺麗にマグネットを埋め込む方法の紹介でした。
最後まで見て頂き、ありがとうございました。


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 6632
  • 111
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

その他

主に戸建分譲ディベロッパーの仕事をしているサラリーマンです。色々な職種、職人さんとお付き合いしていくうちに自ら物造りに目覚めてしまいました。宜しくお願いします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード