家具屋の店長が伝えたい、ソファーでやらないで欲しい4つのこと。

ソファーにも「使用上の注意」っていうものがありまして。
それは長く快適にお使いいただくためのものなんですね。

今回はその使用上の注意を店長が4つご紹介。
「やらないで欲しいこと」なんですね~。

使い方を間違えるとソファー自体にもよくないですし、
お使いの方の身体にもよくなかったりするのです♪

  • 10244
  • 58
  • 2
  • いいね
  • クリップ

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



ソファーをお使いの上で「やらないで欲しいこと」っていうのがあるんです。

その「やらないで欲しいこと」を4つお伝えしよう!
というのが今回のお話なんですね。


そんなわけでソファーに座る店長の図。
ちなみにこのソファーは破棄するもので売り物ではございません♪


長く快適にお使いいただくために、
またはお使いの方の身体のためにもやらない方が良いことなんですよ~。


それではさっそく1つ目から♪


①ソファーの上に立つ

ソファーの上に楽しげに立つ店長の図。


これ、お子さんなどがやっちゃったりしますよね。
お子さんくらいの体重でしたらまだいいんですが…
(家具屋としてはやめて欲しいですが…(笑))

これを大人がやっちゃうと、最悪、ソファーの座面が抜けちゃうことがあるんですね。
「座面が落ちる」と言いますか…壊れちゃうわけです。


意外とソファーを踏み台にして、
上にあるものを取ろうとしたりする時にやりがちなんですね。

座面が壊れなくても、座面のウレタンなどにダメージがあるので
ソファーの寿命を縮めてしまう行為なんですよ~。


お気をつけください♪


②ソファーで飛び跳ねる

ソファーの上でジャンプする店長の図。
廃棄するソファーとはいえ、家具屋としての良心が痛みました。


これはお子さんがやっちゃいがちですよね。

これも座面のクッションやバネなどによくありません。
ウレタンへのダメージはもちろんですが、
表面の生地の痛みや裂けの原因になったりするんです。


先ほどと同じくソファーの寿命を縮めることになるので、
可能な限りやめた方がよいんですよ~。

お気をつけください!


③ソファーをベッド代わりにする

ソファーで気持ちよく眠る店長の図。


これはですね。

ソファーで昼寝をする、とか、
いつもベッドで寝ているけどたまたま一晩ソファーで寝ちゃった、とか
そういうレベルの話じゃなくてですね。


「毎晩、ソファーをベッド代わりにしている」

っていう状態のことを言いたいわけです。
(ソファーベッドじゃなくて普通のソファーを、ね)


これはもう絶対オススメいたしません!

ソファーの寿命とかよりも、確実に腰が痛くなります。
あなたの身体によくないんですね。

ソファーってベッドの代わりになるような構造になっていないんです。

あくまで「座るためのもの」として作られているので、
ベッド代わりにするのはやめましょう♪


④ソファーの肘に立つ

肘に颯爽と立ち未来を見つめる店長の図。


最後のこれはですね。

肘に立つと「ソファーの肘が壊れる可能性がある」んですね。

それと上の写真だと店長、木の肘にしっかり立ってますが、
ソファー自体が「軽い」と肘に立ったりすると、
ソファーが起き上がってきて、バランスを崩して倒れることになります。

その時に転んで怪我をしたりして危ないわけです。


なので、単純に肘に立たないでくださいね!(笑)


本日のまとめ。

基本は「ソファーって座るものなんだ」ってことなんですね。

人が座面に立ち上がったり、
ベッドの代わりにしたりすることを想定していないわけなんです。

そういうところを踏まえてソファーをお使いいただければな、と思うわけなんですね。

そうするとソファーの寿命も伸びますよ~。


座ってリラックスするために使ってくださいね♪


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした~!


ソファーのお話はこちらも店長オススメです!

  • 10244
  • 58
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

ご覧いただきありがとうございます!家具やインテリアの基礎知識や豆知識など、お役に立てる情報を発信できるようにがんばっております。フォローはお気軽に♪「ひらた家具…

おすすめのアイデア

話題のキーワード